お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年03月28日

「自由自在」と「桜」と「いつはり」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今ここの社会に生きるひとりの人間として、甲斐と扶持
のある生き方がようやく見えてきた気がします。

自ら由とするところに自ずと在る…「自由自在」、言い
得て妙だと感心しきりです。


常識に囚われてそれなりに生きていたりしたら、その片
鱗さえも見ることは叶わなかったかもしれません。

我が道を歩んでくることができた。
そのことに心から感謝します。


そうして見えてきたことに喜びを感じているのですが、
それは欲望に囚われた多くの人々の意識とはきっと相容
れないのでしょう。

何も欲することなどない。
必要なものは自ずとそろっているし、むしろ必要なもの
などない。


…なんて思いでいる今日この頃。

まぐまぐニュースの記事に気が留まりました。


NAG2NEWS
「日本、ありがとう」米国ワシントンD.C.の桜並木が、今や世界名所に


美しいだけじゃない。「桜」が日本の象徴とされている本当の理由



ワシントンの桜は素直に喜びを感じますが、象徴として
の桜を思うと心がざわめきます。日本人なんだね…と感
心したり。

死ぬことと見つけたり…ほど気負うことなく、最善を尽
くしつつ何も欲することなく在るがままに居たい今日こ
の頃。そんな心を「いつはり」だと仕分けされたような
気がしました。


心の欲する・心から湧き出る衝動こそが人間らしさ…と
説きたいのでしょうか。


そんな人間らしさなど浮世の戯言…いつはりのようにも
感じてしまいますが、そうして感じる私こそがいつはり
なのでしょうか。wwww


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

「夢物語」と「欲望」と「満足できていない不幸」と「相対的な宿命」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人生とは・生きるとは、一刻の夢物語のようなもの。



ご縁を頂くかたがたへ…今のここで共に生きるものとし
て、感謝しつつ敬意をもってその意向を尊重するように
してきました。

しかしそんな思いをうかがう素振りすらなく、我欲を追
い求めるのに忙しい方々。



夢物語だというのにどこまでもこだわって…

どこまでも欲して…

欲望をどれほど満たしたところで不毛です。



欲望を持っているとはつまり飢えているとも、「満足で
きていない不幸」を嘆いているとも、悲しんでいるとも
言えます。

今ここにある幸せは無視されるようです。



喜びを体現できるはずの人間なのにね。

悲しい面ばかり見せるかたがいるのも「相対的な宿命」
なのでしょうか。




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:19| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

「戦争とは外交の一手段」と「駆け引きも手段」と「一方あるいは双方が欲深いこと」と「自問自戒」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「戦争とは外交の一手段」。
それは確かにそうだと思います。

子どもじゃない、大人どうしの話し合い・折衝・交渉・
外交の場においては、怒って(いるように?)見せるの
も…時には争ってみたり実力行使や痛み分けなどの「駆
け引きも手段」になるのでしょう。


その外交が個人間でなく団体間で行われるときには…怒
って見せたり実力行使や痛み分けしようとか…時には戦
争という手段が駆け引きになったりします。




個人間でも団体間でも。

交渉がまとまらず駆け引きや戦争という手段を用いらな
ければならないようなとき、それは「一方あるいは双方
が欲深いこと」から招いた事態ともいえるのでしょう。

それも外交や交渉の一手段とはいえ、そうせざるをえな
くなったことは人として恥ずべきことなのではないか。
…そんな気がします。



自身の欲かと、欲深くないかと、過ぎた欲が調和を乱し
ているのではないかと。
「自問自戒」したいものです。




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:14| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

「個人差」と「いきものがかり」と「役割分担」と「それぞれの最善解」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貸したお金が返ってこなくて困っている私。
困らせてくれている人は男性がいれば女性もいます。

男性の立場から見ていると、女性のほうが…お金に限ら
ず人間として…いかにもしっかりしていそうに思ったり
もしましたが。
性別で決して変わらないのですね、そうしたしっかり具
合はもっぱら「個人差」である。と。

そう。
人間としても…本当に変わらない…、つくづくしみじみ
思います。



「いきものがかり」というアーティストがいらっしゃい
ますが…
「いきものがかり」は学校の学年の学級(クラス)とい
う社会でつくりだされた役割分担。

性別の違いや・体格とか肌の色の違いや・文化や言語の
違いや…美醜も・貧富も・遅い早いも・高いも低いも・
右も左も…あらゆる違いはそれぞれの社会でつくりださ
れた「役割分担」。


同じなんだから。
欲張って何かを欲しがる必要なんてない。


社会を維持するのに必要な出生率だけ意識するようにす
れば、イタズラに異性を求めることもないのでしょう。

恋愛(自己実現)と結婚(社会)と育児(子育て・生殖)。

「それぞれの最善解」を意識することが自然であり当然
な環境に憧れを感じました。


そんな不自由さも今ここの醍醐味なのでしょうか。www

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

「利己」と「利他」と「欲」と「囚われることなかれ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それぞれが持つ目先の欲望に囚われた人を世の中に多く
見つけることができます。
「利己」的な人を身近にも見つけることができます。


私の個人的欲望に人を巻き込んでつき合わせてしまうの
は申し訳なさすぎるし、全体として・ひとつとして考え
た時には個人的欲望なんて詮無きこと。といって「利他」
まで突き詰めるつもりはないけれど、全体としての最善
解を追っていきたい欲はあります。


利己であろうと利他であろうと「欲」であることには変
わりがない?
より良きものを求めた人の思いは同じ?
もしかして同じもの?



そのどちらにも欲を見出すことができますが、欲深いの
はどっちなのでしょうね。www




それは自分というものの定義次第になりそうですね。
今ここで私と認識しているコレをどう定義するか。
自分と認識する範囲をどこまで広げられるか。
(コレ=池田晶子さん風ww)




正反対だったことが定義しだいで同じものになる。
世の中にそういうものは多いですね。
政治思想・座標…相対基準を作って反対を作って、それ
をわかりやすくしているのは人の知恵であり、姑息な手
段でもあり?www



するとやはり、利己も利他も区別する意味はない?
その区別は人の都合に過ぎない?




囚われることなかれ。
目の前に起こる出来事に感謝し、受け入れる。それがな
により人としての扶持になりそうです。
というよりそれしかできないのですけどね〜。wwww


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

「RPE」と「義務」と「善行」と「母」と「助けて!」と「自分だけでもしっかりやろう」と「今を生きたい」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

購読しているメルマガ「RPE:ロシア政治経済ジャーナル」。

先日の一説が今、私の想いと重なりました。



まぐまぐ!【[RPE]ロシア政治経済ジャーナル】
「(日本政府は)日本の貧困と世界の貧困、どっちをまず解決すべき???


というテーマに対して綴られているのは。

それは『「義務」と「善行」』の違いだと。



善行はしたほうが好ましいけれど、それはあくまで義務
を果たしたうえでのこと。

義務を・為すべきことを蔑ろにして人助けに奔走する…
それこそ本末転倒なことになってしまいます。

ボランティア好きな「母」という、素晴らしい反面教師
を持った私はその本末転倒ぶりが身に染みます。




生活基盤をしっかり固めることが今の私に課された義務。

「助けて!(お金貸して!)」

なんて声に応えて人助けに興じている場合じゃないので
した。



同性・異性問わず、男性・女性問わず、個人的なお付き
合いってリスクがあるようにも感じてしまいます。

〜人は自分に甘いもの〜とも云われます。

自分を甘やかさずに「自分だけでもしっかりやろう」と
思っていますが。
そういって自分だけが善人を気取るつもりもない。
みんな「自分だけでもしっかりやろう」という思いは持
っているものなんて思ってもいましたが。



人が何に甘いって、それはあるがままを受け入れられな
い・受け入れようとしない自分を甘やかしているように
も見えます。
自分の力が及ばなかった…それを受け入れようとせず、
その尻拭いに人を・人の厚意を・人の善行を利用するな
どと。


「善行」は「義務」を果たしたうえでのことにしないと、
自らの首を絞めかねません。


その人がどんな人かは付き合ってみないとわからない。
人脈やご縁は稀有で貴重で財産であるとは思いますが、
それは時折ハイリスク・ローリターンにもなります。


人生は素晴らしい。生きるって素晴らしい。
素晴らしいからこそそこにしがみつかず、酸いも甘いも
受け入れ味わいつつ「今を生きたい」ものです。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:19| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

「ご縁」と「厚意」と「傲慢」と「我慢」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ご縁」を頂くかたがた。

そこからSOSに絡んでお金でもなんでも“貸してほしい”
願いが発信されたとき。

私が何とかしよう!
…と思うことが傲慢なのかもしれません。



時間軸の絡む貸借。

貸す〜返すまで、その間に借り手貸し手両方に有事のな
いことが前提になります。

銀行など法人格からの融資が受けられないから個人に話
しを振っているのでしょうけれど、情が絡むと冷静な判
断が歪みがち。

その貸借期間中、有事があればその影響が双方に…レバ
レッジをかけるかのように…倍増して襲い掛かります。



未来を決めつけてしまうなど…それはたとえ「厚意」で
あれなんであれ、人には過ぎた「傲慢」なことになるの
かもしれません。


だいいち…大抵のそうした話しは、およそ生殺与奪と関
係ない、当人が「我慢」すれば済むことだったり。www



感謝します、ありがとうございます。
ラベル:ご縁 厚意 傲慢 我慢
posted by moya at 23:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

「利休ねづ」と「自営業」と「先見の明」と「欲張らなくても」と「プライスレス」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自営業・ケーキ屋さん「利休ねづ」を始めるとき、始め
る前のこと。


moyacoの日記
「利休ねづ」と「自営業」と「先見の明」


今では何ごとであれ“それをやれるとこまでやってみよ
う!!”というような気概がわいてきません。

状況認識能力に長けた、つまり…財政状況・生活状況が
そうした支出を許さない…と認識できるようになったこ
ともありますが。



ケーキ作りにしてもパン作りにしてもオートバイとその
レース活動にしても…、営業職にしても販売職にしても
接客業にしても管理職にしても何らかのオーナーにして
も…、それを突き詰めたところで所詮自己満足。

“やってみよう”とか欲張らなくても幸せは今ここにあ
るし、今すでに幸せでいることに気が付いた…それが大
きい気がします。



我が母をはじめ…お金貸しているかたがたはもちろん、
御縁を頂くかたがたからことごとく何かしらの「欲」を
感じます。

(つくづく「人間らしい」母であると感心もするところ
です)


販売職されているようなかたなら「たまには買ってよ〜」
とか、そうでなければ「今度○○行きたい」とか「○○
食べに・飲みに行こう」とか、「これ良かったよ!おす
すめ!!」とか…
挨拶・社交辞令的なそれにはいろいろな形があります。



それは言ってみれば提案営業。

断ればいいだけなのですけれど。

御縁はありがたいのですけれど。



それほどまでにあれもこれもと欲張らなくても、今現在
すでに幸せであるのです。そのことを忘れているように
も見えます。
欲張る必要なんてないのにね。
その御縁は必要ないと無下にするのもご縁を軽んじてい
るような気がしてしまいますし、そこに無用の葛藤も生
まれます。



食パンの耳やスポンジケーキの切落しを買い集めてきて
はよく頂くのですが、噛みしめつつおいしく頂けるあり
がたさは「プライスレス」。
味わいであれ感覚であれ存在であれ…それらはすべて世
界にひとつだけのもの、比べられるものがありません!




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 21:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

「齢」と「厚み」と「ソクラテス」と「美徳」と「身の程」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「齢」を重ねるごとに人は人としての「厚み」を増して
いくものなのだと思っていましたが。

人はそれぞれに天分とその厚みがあって、齢の厚みはそ
の差を補えるほどではないのかもしれません。



「ソクラテス」翁だって

「人間の美徳はすべてその実践と経験によっておのずと
増え、強まるのである」

と語られていたようですから、「年齢を重ねていくごと
にその「美徳」は磨かれてどこまでも輝きを増していく
もの」と考えていたと思われますが。



齢とともに輝きを増していくように思えたのは、それが
…長生きするのが難しかったという時代背景がある気が
します。

当時は還暦を迎える人など稀であったのでしょう、その
実践と経験によって裏付けられた知識と知恵は輝くこと
でしょう。

現代は還暦を迎える人が過半数。生半可な実践と経験に
よって得られた知識と知恵程度ものでは小手先な付け焼
刃にしかなれないのかもしれません。



よくよく我が身を省みて…「身の程」をわきまえたいも
のです。

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:15| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

「捨てる神あれば拾う神あり」と「塞翁が馬」と「循環」と「子ども」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「捨てる神あれば拾う神あり」

何気に視界に飛び込んできました。



「塞翁が馬」のごとき、たとえ窮地に陥っても悩むこと
はない…そんな意味に捉えていますが。



視界に飛び込んできた瞬間にピンときました。

「循環」を示唆して(も)いるんじゃ?



今この世界はあらゆるものが循環しています。

循環して今この世界が成り立っています。



捨てる神であろうと拾う神であろうと、それはどちらも
が循環を支える大事な位置づけ。



その断片だけを切り取り・抽出して云々言っているのも、
いかにも視界の狭い…なんだかとっても人間らしいこと
のような気もします。

…そう、糞便が肥料になるのを「子ども」が知ったとき、
殊更大きな反応を示すようにww…



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

「それをどう受け止めるかが大事」と「愚問」と「私自身はどうしたいのか」と「自由自在」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それが大事なのではない。

「それをどう受け止めるかが大事」。



みんな欲にまみれて求め続けて生きているけれど、そう
して得られたその結果にはさしたる意味はないとわかっ
ているのでしょうか。



わかってないから求め続けるのでしょうね。
「愚問」でした。




近年ご縁あったかたがたから頂いている思い煩い。
それらもそもそもはそのかたがたの欲望に私が付き合っ
てしまったことから生じていること。


「私自身はどうしたいのか」

そこを蔑ろにしてしまっていた気がします。

(「その話しに付き合ってみたい」と思っていたこと・
話しに乗ることが力添えになるのならそれも一興と思っ
たこと・その時そこに頂いたご縁が嬉しいしありがたく
頂いたほうが…と思ったのは確かですが、「その話し」
自体は正直な話しどうでもよかった気がします)



人の欲望に付き合うのはいいけれど、私自身はどうした
いのか・それをどう思っているのか・どう在りたいのか。
まだまだ自分自身としっかり向き合えていない気がしま
す。

自由自在に在りましょう。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

「愛」と「幸せ者」と「手段」と「うつけもの」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人類愛・博愛・自己愛・性愛…「愛」と表現されるもの
にもいろいろあります。

国内なら“愛は地球を救う”のような慈善活動も多く、
世界的にも国連やユニセフや赤十字を始め、AMDAやplan
やWFPなどなどたくさんのNGOがあります。それらはいず
れも愛の表れなのでしょう。

命あるものなら皆が持っている様子の「愛したい」とい
う衝動。
異性愛・同性愛などと言いたいのではなく、人として人
を愛すること、人間を・命を・存在を愛することはどう
なっていますか。と。


同じ人間、何も変わらない。
…というのに。

変わらない存在だと受け入れることができずに、気が付
いたことのことごとくに相対的な違いを見つけ、相対的
な差別をする。

愛する人・物事がある裏には、愛さない人・物事がある。

それで愛をわかったつもりになって、平気で愛を語った
りする。


「幸せ者」だとは思いますけど、それではつまらないと
思わないのか。と。

きっと…つまらないと思うことがないほどに幸せ者なの
かもしれません。



人のつまらなさを感じさせてくれる人には枚挙に暇があ
りません。。。
そこに男女の違いって見出せません。

男女が同じように、高齢であろうと若年であろうと・富
裕層であろうと貧困層であろうと、それに右派とか左派
とか・博愛主義とか共産主義とか…なんにしても、それ
を演じているのが人間であることに違いがあるはずもな
く。

そんな枠に囚われるのも身近に醍醐味を感じやすいお手
軽な「手段」のひとつだとは思いますけれど。


目的を忘れ手段に興じる姿。
まるで「うつけもの」のようですが、幸せ者でもあるの
でしょう。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 21:53| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

「汝の隣人を愛せよ」と「格差」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜汝の隣人を愛せよ〜


マタイから22章39節に伝えられているのにどういう
わけだ。


moyaの日記
「二枚舌」と「我が身かわいさ」と「お金貸して」と「思い上がり」と「格差」と「哀しみ」



この格差はどうしたことだ。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 20:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

「二枚舌」と「我が身かわいさ」と「お金貸して」と「思い上がり」と「格差」と「哀しみ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「二枚舌」だとかダブルスタンダードだとか…
相手によって対応を変えること。それをを恥じる?戒め
る?…人として好ましくないもののひとつとしてよく言
われていると思います。
だけど現実にはみんながみんなに、それぞれがそれぞれ
に違う対応をすることが当然な世の中。


「我が身かわいさ」だとか自己中だとか…
自分と相手の優先具合、その落差が大きいこと。それを
恥じる?戒める?…人として好ましくないもののひとつ
としてこれもよく言われていると思います。
だけど現実にはみんながみんなに、それぞれがそれぞれ
に違う対応をすることが当然な世の中。



それって人としてどうなの?
…なんて思うから。


「四面楚歌な状況の中…私がどんなに追い詰められても
所詮みんなにとっては他人事、我が身のほうが大事だよ
ね。いい悪いじゃなくてそれが当然なんだよね…」なん
てたびたび思わせてくれているから。
…そんななか施してくれる人は本当に嬉しかったし本当
に助かったから。


「お金貸して」という言葉にも差別なく、自分も他人も
親族も友人も知人も…皆愛すべき存在なんだから、自分
のことなら大抵は我慢すれば何とかなるから、今助けが
必要な人にできるだけのことをしてあげるのが一番素直
な在り方か…と。


そう思いつつ今まできていますが、ときどき疑問に感じ
ることがあります。



もちろんそのできるだけのことに見返りなんて期待する
ことなく。

…なんてこっちがいくら期待しなくても、付け入ってく
る人間というのはいるものです。

…そういう人間がいるのが前提だから?二枚舌だとか我
が身かわいさからの行動をしていないと身が持たない…
ような。



“貸して”というからには返済する意思はあるのかもし
れませんが。

返済されるまで、自分の身と相手の身に何も起こらない
と思うことが前提。

未来をそうして決めつけてしまうなんて「思い上がり」
以外の何ものでもない気がします。

(だからこそ金融機関・銀行業は担保をとったり保証人
を確保したり、リスクを最小にしようとするのでしょう)



生きることは素晴らしい。

でも残念なことに…身近なご縁と寄ってくるのは、今を
喜びと共に生きているかたは少なく、反面教師を多く感
じます。

といってそのかたがたに問題があるわけでなく、きっと
それが普通なのでしょう。

だから二枚舌とか我が身かわいさな行動を皆がとらざる
を得なくなり、当然そこに「格差」が生じます。それは
あたりまえなこと。



今ここの人間が見せる表情には「哀しみ」を感じてしま
います。

哀しめることも醍醐味ではあるのでしょうが…。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

「わからないことがわかった」と「トルストイ」と「無知の知」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我々が知りうる唯一のことは、我々は何も知らないとい
うことである。

そしてこれが人間の知恵が飛翔しうる最高の高みなのだ。

- トルストイ -

moyaの日記
わからないことがわかった、そういうことのひとつ

つまり「無知の知」。

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 19:33| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

「愛の偏在」と「言行不一致」と「渇き」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

moyaの日記
「SMAP」と「期待」と「感謝と共に今を生きる」と「自由自在」


今の私を支えてくれているあらゆる存在に感謝し、それ
を愛する。

…なんてことは今ここの人間には過ぎた期待なのでしょ
うか。



愛さないところを作ることで愛したつもりになっている
ようにも思えます。
つまりそれは「愛の偏在」。

いかにも今のこの世界の“らしさ”であり、その自由闊
達さは素晴らしさでもありますが。

その「言行不一致」ぶりに前途多難を強く感じます。



人はあらゆる欲望を振りまいています。

我欲・いっときの欲望が満たされたところで「渇き」は癒
されません。

皆が欲張っていれば足りるものも足りなくなります。




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 21:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

「悪貨は良貨を駆逐する」と「人間社会」と「言行一致」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それは貨幣の話しであって、人間は違う?

有史以前から続く「人間社会」。駆逐する場面は散見さ
れるけれど、未だ人間の良心が潰えていないことが人間
が貨幣と違うという何よりの証拠。


しかし良心が駆逐されることはなくとも、良心に準じて
判断・行動できる人が「駆逐」されないかというと、
「駆逐」されないと言い切れるほどの自信が私には無い。

思っていることとやっていることが一致しない人は思っ
たより多い、「言行一致」がテーマや指針になることが
何よりの証拠。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 08:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

「言語」と「ワンクッション」と「ありがたさ」と「切なさ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人と人のコミュニケーションツール「言語」。

その人がその自分の意思で言語という道具を使っていま
すが、そこで繰り出された言葉はその人の意思とイコー
ルにはなりません。

もどかしさがある反面、そこに醍醐味があったりもしま
す。



伝えようとする意思を、言語に翻訳し…適宜修飾し、そ
こでようやく会話のための言語として身から放たれます。

意思・思考がダイレクトに身から放たれたりなんかした
ら、今ここの世界ではこんな安穏としていられません。



自分の意志・思考なのにその主人たることができない。

それだけ今ここに生きる人は意思・思考というものを持
て余しているようです。



言語というワンクッションおける道具があって本当に良
かったですよね。

「言語化しなければ相手に届くことはない」こともあり、
自由な思考を楽しむこともできます。

その道具のありがたさが当然と甘えきっていて、「自分
の思考は自分の責任」な自覚が忘れられているようで切
なさもありますが。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

「法治社会」と「言語」と「道具」と「使い手」と「成熟度」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いわゆる「法」とはつまり約束事。
判断に困ったことができた時に照らし合わせることがで
きる社会秩序の基本・基準。
それは何らかの言語を使って述べられています。

言語とは人が意思の疎通にもちいられる道具のひとつ。
その言語をもちいて述べられている「法」とてもちろん
道具の範疇。


法改正だの成立だの、法解釈だの法に訴えるだの、司法
判断だの…。

言語をもちいることで意思疎通ができ、意見を交わすこ
とができ。
明文化することで基準ができ、約束を成立させることが
できます。



それはとても便利な道具ですが、その便利さに甘えてい
ないですか。

その社会に生きる人間、私たちひとりひとりの意識、そ
の成熟度が道具の使い方に現れる気がします。


問題は道具にあってそれを治せばすべてうまくいく…ば
かりでもありません。
むしろ問題は使い手にあることが多いもの。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

「異なるもの」と「愛」と「醍醐味」と「ご愛嬌」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人は自分と異なるものに対して、時に憧れ・時に畏れ・
時に否定し・時に恋したりしています。

その時代・状況・個々の考え方によって否定したり鼓舞
したり推奨したり。



いいかげんなものにも見えるけれど、決していいかげん
なのではない。皆真剣に生きています。

その源泉はすべて同じ、「愛」から沸き起こるもの。
肯定も否定も入れる余地のない、愛の体現に他ならず。

達観し悟ったように何も思わず穏やかでいるより、それ
はよほど醍醐味のある生き方。



時にそれが過ぎるのはご愛嬌?

…ご愛嬌だとしても…せっかく授かった命であり、せっ
かく授かったこの機会。無駄にしてほしくないもので
すね。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする