お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年04月09日

「スペシャリストとジェネラリスト」と「区別と人の都合」と「神の化身・分身」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スペシャリストとジェネラリストの区別は意味がない。

持つ視点によってそれはどちらにもなりえること。
何事も区別は必要なことですが、それは人の都合である
ことを忘れずにいたいものです。


そしてその行き着く先はきっと…

神と人の区別は意味がない。
私たち皆が神の化身・分身。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 18:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

「今を受け入れ」と「今を愛する」と「今の幸せ」と「足るを知らない」と「人の欲望」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「今を受け入れ」ること、その「今を愛する」こと。

moyaの日記
「警報・アラーム音」と「定着率が悪くて人が次々入れ替わってしまう現場」と「歓迎されていないような」と「最大限に楽しみたいもの」


そして、為すべきことがある「今の幸せ」に感謝しなが
ら日々を過ごしています。

加えて今この状況には、ただ目の前の仕事へ、為すべき
ことに集中する・集中することができる幸せもあります
ね。
幸せを、幸せな今をより強く享受出来るひとつの方法・
あらゆる方法に違いないとは思うのですが。

そこまでしなくてもそのままで十分に幸せな存在である。
そのことを人はすっかり忘れてしまっているような気が
して仕方がありません。


そうして思わせる事柄・要素のひとつには、貸したお金
が焦げ付いている方々の存在があります。

時に仕事へ・時に金策へ…苦心惨憺し、時に幸せへ感謝
し。
そうして過ごしていても、そうした方々から一円の返済
はおろか一言の連絡も頂くことができません。


めいいっぱい精一杯のことを日々為しつつ、足るを知り
つつましく在るよう心掛けてているつもりです。
といっても、振り返れば自身に後悔の念はもちろん尽き
ませんが。
今の私にできることを誠心誠意精一杯為すつもりで日々
過ごしています。

人の欲望へ付き合った結果に迎え入れてしまった今この
状況。
人の・他人の欲望を満たすために利用されてしまってい
る状況。


人の欲望を満たすことができる。それも幸せを見出すひ
とつの機会だとは思いますが。
「足るを知らない」その事を思わせる人の欲望が恐ろし
くて仕方がないのです。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 05:56| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

「悟りと今この機会」と「完璧な存在」と「生きる目的に気が付く」と「満たされた幸せ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悟るために在る・悟るために生きているのではない。

増して社会的・世間的な成功とか成長とかそんなもので
あるはずもない。
…それらはそこにひとつの結果を作り、その結果に喜怒
哀楽を・一喜一憂を享受するための材料に過ぎない。


喜び悲しみ愛し…存在を享受するための今この機会。

より深くを・多くを知ろうと、悟りを得よう・開こうと
する人も少なくありませんが、それすら詮無きことであ
ったのかもしれません。


そうして求めるまでもなく、もともと「完璧な存在」で
ある私たち。



悟りを得る・悟りを開くとは。

端的に言えば、「生きる目的に気が付く」ことでもある
気がします。


しかし…それに気が付くことができたら、そうして気が
付くことこそ詮無きことであったとは…

こんなに気の利いた話しもない!


今ここに在る、今ここに生きている。

それだけで無上の幸せを享受する資格はオールクリア!☆
(だいたい資格だなど、片腹痛いほどのそんな人間的な
料簡の狭い尺度・評価を持ち出すなどばかばかしい!)


今私はとても満たされています!
今私はとても幸せです!☆


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

「今この瞬間の喜びと輝きと幸せ」と「今この瞬間がフルコース並みに充実」と「その瞬間を大切にしていない証拠」と「悟ったら崩壊」と「欲望と感謝」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日が、その一瞬一瞬が輝いています!

何を求めることもなく、今為すべきこと・必要だと思う
ことを全力で行っていく。

それだけで今この瞬間に計り知れない喜びと輝きと幸せ
を見出し感じることができます!


今その時を、この一瞬一瞬を満喫することで毎日がとっ
ても充実して大忙しで、一日があっという間に過ぎてい
きます!



何も求める必要はなかった…。

今この瞬間を生ききろうと思い至った今、あらためて?
ようやく?気が付きました。



フランス料理のフルコース並みにこの上なく充実したコ
ースが、喜怒哀楽な感情はもちろん出会いもご縁も…多
彩に用意されたコースが人生には用意されていたのです
ね!


それを享受し味わうだけで大忙し!
遊ぼうとかあれやこれやと欲深く求めようという発想が
出てくることが不思議です。


あれやこれやと欲深く追い求め欲することは…その余裕
があることは、今その瞬間を大切にしていない証拠であ
るのかもしれません。



だけど…
人の欲望が大切な原動力のひとつである今この社会。
求めることはない…と悟ってしまったら、社会が基礎か
ら崩壊してしまいます。


欲深き人間。
その欲望によって築き上げられてきた今この社会。
今この社会で快適に存在を享受し・生き・生活していけ
るのは、人がその欲望で作り上げてきた技術やインフラ
があるからこそ。



人の欲望・欲深さ…それすらもありがたいこと、感謝し
ないといけないことかもしれません☆



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

「怒りという感情」と「視野の狭さと近視眼さ」と「広さと奥深さ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「自ら求めることもまたご縁」

なんて思い至ることができましたが…。

怒りを覚えるご縁もあります。


そこに自らの至らなさ・狭量さを感じ見出したりするこ
ともできますが、その感情に駆られている最中にはそれ
どころではなかったりして。


怒りの感情に駆られ言わなくていいことまで言ってしま
ったりすることを理性で抑えようと…その管理下に置き
たいと思い、「アンガーマネジメント」を願う人は少な
くないようです。


理性に頼るまでもなく、世間や今この世界の広さや奥深
さ…そして、そこで今ここに認識している私のはかなさ・
ちっぽけさ・矮小さを思えば、怒りなど自身の視野の狭
さと近視眼さを明かしていることに過ぎないのではない
か。


そう思ってみれば怒りの感情とは恥ずべきものであり、
増してそれを行動にして表現するなど恥ずかしくてたま
らないものである気がします。
そして私はおよそ怒ることはなくなりましたが…。


でも怒りの表現は世間に広く多く見出すことができ、そ
んな恥ずかしさを感じるなど・そんな自省意識などない
のが普通であり。

それもまた由なのかと・今ここに在る輝きのひとつなの
かと、今ここの広さと奥深さを感じたりもします☆


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 12:08| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

「神棚の扉」と「(恐れ(畏れ))を知らないこ怖さ」と「(恐れを(畏れを))知らない強さ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仏壇の扉は日の出と日の暮れに合わせて開け閉めしたほ
うが良いのではないか…なんて思い立って。
比較的近くに置いてある神棚の扉もそれにあわせてこの
数か月は開け閉めしていたけれど。


…神棚の扉は基本的に閉めておくものという話し・意見
もあるのですね!

「礼を尽くしたい」と思うのなら…。
図らずも失礼してしまっていたのかもしれません;



そうして考えてみると…moya家の神棚の扉はほとんど開
けっ放しであったような気がします!

「神はいないのか…」なんて口惜しく思う局面も今まで
の人生に何度かありましたが、開け放した扉から出てい
ってしまって本当にいなかったのかも;



といっても、明確な決まりや基準があるものではないよ
うで…。

神社にある本宮の扉自体、基本的に閉まっているものが
あればいつも開いている神社もあるようで。各家庭の神
棚も同じように、基本的にそうそう開けるものではなく
て開けるのは基本的にお正月程度だとか・いつもそこに
感じられるようにいつも開けておくだとか…。
各神社・そのかたがたごとに色々な意見があるようです
が。

踏まえた上で…神棚の扉はいつも閉めるようにして、仏
壇の扉は今までどおり朝開いて夕方閉めることにしまし
た。



知ったうえでそうしようと思うことができましたが、今
までそれを全く知らずにいたわけで!

まったく…
(恐れを(畏れを))知らないってこわいもの;
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

…であると同時に、知らないって最強でもあるのかもし
れません☆



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:30| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

「大切なモチベーションである欲望」と「自ら求めることもまたご縁」と「違いはないと知ってしまった幸と不幸」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつかは私も結婚するだろうし、できるだろうし。
そこで子どもに恵まれて子育てしていくのでしょう…。
…などと漠然と、安穏としていたけれど。

そうしたいのであればそれなりに、それを求めた行動を
して然るべき。

欲望というのは大切なモチベーションであり、社会を構
成し作り上げる大切な基礎でもあるのですね。



出来れば素晴らしいしありがたいことだけれど、あえて
それを求めるほどのことでもない。
…昔も今もその思いに変わり・違いはないけれど。


ご縁をありがたく受け入れるだけが能ではない、自ら求
めることもまたご縁。
…であるのでしょう。


そこに気が付いた今。
「何も求めることはない」と理解してしまった身として、
その欲望に憧れにも似た感情を感じたりしますが。

そういった欲望に絡んで「一緒にどう?」なんてご縁を
頂けても…やっぱり、満腹・飽食・飽和を感じてそこに
魅力を感じることができません。


寝食・衣食住に満たされた中、言葉を紡ぎ・また紡がれ
た言葉に触れながら…今ここに健やかに在る…その喜び
を・幸せを実感し・味わい・享受するのに忙しく、増し
て今ここと求めるそこに言うほどの違いを見出すことが
できずに、もう既に自ら求める気になれなかったりしま
す。

それは果たして幸か不幸か☆


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:49| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

「自覚・覚悟のぬるさ」と「一期一会の有名無実」と「今この瞬間がすべて」と「幸も不幸も自由自在」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人生いつ何があるか解らない。
そんな自覚がある人の少なさを感じます。

…決して人のことは言えません(=自分にその自覚・覚
悟のぬるさを感じることもあります)が…。


お金を貸してその返済予定、約束が守られず。
一括返済ができないということで分割返済に応じている
方々、その分割返済の約束もなかなか遵守して頂けませ
ん。


「今この瞬間がすべて」であり、時間と信用という道具
を使って責任を未来へ先送りにする。
「今この瞬間にすべてがある」という思いは私も持って
いますが、責任を未来へ先送りにするそこには…

一期一会な自覚はなく、責任を履き違えた享楽的な発想。
「今が良ければすべてよし」
な勘違いがある気がします。

そうした壮大な勘違いしていられるのは今この世界なれ
ばこそ。
それは素晴らしいことなのかもしれません。


今この瞬間にすべてがあるからこそ…。
過去や未来を認識できる時間という道具があり、ご縁や
信用といった人と人との関係…自分以外の人と関係を築
く(=そこに自分を見出しつつ存在を享受する)ことが
できる今のここ・この社会で、悲喜こもごもな物語を紡
いでいきつつ今ここに生きている・存在している私を認
識する。
それは素晴らしいこと。

そこに幸せを見出し感じるも不幸を見出し感じるも、そ
れはまさに自由自在。
…今この瞬間にすべてがあるからこそ…未来に先送りし
たりせず、今この瞬間を全力で生きたいものです。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

三位一体と愛とわかりやすい表現

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三位一体…
それを折に触れ実感することがあるのですが、わかりに
くい概念であることも確かな話し。

ふと、わかりやすい表現を思いつきました。

「存在愛と人間愛と個別の愛」


およそ誰もが持つであろう愛。
愛と表現されるそれにはさまざまなものがありますが、
人に対して向けられるそれらならその動機はみっつに大
別できるような気がします。


○五感と喜怒哀楽を享受することのできる、今ここに生
きている・今ここに在ることへの愛。

○そのための大切な要素のひとつであり、今ここに生き
ている・今ここに在ることを実感できる人間という存在
への愛。

○個人的感情・動機・欲望から沸き起こる、特定の対象
へ個別に向けられる愛。



ふと思いついたときはこれならわかりやすい!とっても
腑に落ちる☆
…って思ったのですが。

それを紐解き解説しようとしたら…やっぱりわかりにく
いものであるかもしれません。(⌒⌒;


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 21:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

「手段が目的化」と「大切なモチベーション」と「人として無欲であること」と「人という存在を否定」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「手段が目的化」…生きることそのものが存在を享受す
る手段であるのなら、生きることが目的になっている事
がそもそも「手段が目的化」していることなのではない
か。
そこに思い至りました。


それが人生・生きるということ・存在の由だとするなら…
手段が目的化することは悪いものではない?
それともそれが・生きることが目的になっていることか
らそもそもの大きな勘違い?
人として生を受けて今ここに在ること。なぜ今ここに在
るのか。


人は異性を求めようと自分を磨き魅力的な自分を演出し
たり…それだって浅はかな(生物的)欲望のような気が
しますが、命を繋いでいくことはもちろん・社会を形成
していく大切なモチベーションであるのも確かなこと。

成功や成長や自己実現や…もろもろなんだかんだ多様に
思い描かれる人の思い・欲望、それらはみな享楽的な方
法論・幻想にすぎない気もします。しかし人という生物
として・社会を構成する人として・喜んだり悲しんだり…
多彩な感情を享受する人として、いずれの意味でもそれ
らは「大切なモチベーション」。


欲望に生きる事への違和感から…自身の欲望を自身に追
い求めたりして、今では意識の中に欲望がおよそ少ない・
無欲な私になっています。
しかし「人として無欲であること」、私のそれは人とい
う存在を否定してしまうことであるのかもしれません。

わからないことばかりです。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 08:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

「今の趣味はなんですか?」と「生きること・生きていることとは、それこそまさに趣味のようなものではないかと」


〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さる就職面接の席で…
「今の趣味はなんですか?」という質問を頂きました。

「若い頃ならバイクと言い切ることができましたが、そ
の後ケーキ作りや女性装などいろいろやりましたが、今
はこれというものがありません。強いて言えば生きるこ
とそのものが趣味のようなものだと思っています。食べ
ること・寝ること・歩くこと・呼吸すること・考えるこ
と…ひとつひとつの動作・出来事がとても楽しく感じて
います」

そのせいかどうかはわかりませんが、その企業からは採
用通知をいただけませんでした。ww


…さておき…


今思うと、我ながらそれがとても腑に落ちます。

ただ“在る”というだけじゃつまらないから、ちょっと人
間として生きてみた、存在を享受してみた。
それが今私たちが今ここに在る姿であり、本質であるよ
うな気がしています。

それはつまり、「生きること・生きていることとは、そ
れこそまさに趣味のようなものではないかと」。


生きること・存在することが、個別化して多くの存在・
相対指標を作ることでより“自分”という存在を享受し楽
しみ満喫することができる稀有な機会。

素晴らしいですね。(⌒⌒


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

「憧れや欲望」と「感情を生み」と「必要なものは驚くほど少ない」


〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

憧れや欲望を動機に、人は様々な思いや行動をします。

でもそのほとんどが憧れや欲望に過ぎないものだと、決
して必要・必須なものではないのだと日々実感していま
す。

日々のやりくりに苦労する民としてお金持ちに憧れたり…
夢を叶えている人へ・自己実現に憧れたり…
男性として女性に・おっぱいに憧れたり…

すべては、そこにあるすべての差異はたまたまそうなっ
ているだけの幻覚のようなもの、異性への憧れなどは身
体的な・生物的な特徴にすぎないもの。


欲望があるからこそそこに喜怒哀楽の感情を生み出させ
ることができますが、本当に必要なものは驚くほど少な
いもの。
というより、そもそもないのかもしれません。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 13:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

「カロリーベースで考える」と「欲というのはまったく気分的なもの」と「進歩と進化」と「欲に溺れ感情に溺れ」と「足るを知りつつましく在りたい」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

活動量計で消費カロリーの概算がわかるようになって。

そのアプリで摂取カロリーの概算がわかるようになって。

活動量計 比較

そうしてカロリーベースで考えることができるようにな
って。


摂取カロリーはもう十分なはずなのに食欲が…食べたい
気持ちが治まらなかったり。反対にカロリーがほとんど
摂れていなくても…食欲が湧かないとも言えるけれどそ
んな不健康な感じではなく、食べ物を全く必要としてい
ない感じで気分的には絶好調だったり。

満腹感というのは・食欲というのは、まったく幻覚のよ
うなもの・気分的なものであるとつくづく思います。



そしてそれは食欲に限らない。


およそ欲というのは・欲望というのは、必要・必須だか
ら欲しているのではない、まったく気分的なもの。


喜怒哀楽の感情をより強く味わうための道具のひとつで
ある欲。

そうした強い欲望があるからこそ近代・近年に私たち人
間は飛躍的な進歩をすることができました。しかしそれ
は進化とは次元の異なる事柄。

欲の効果はてきめんで、9割以上の人が欲望に溺れ感情
に溺れているかのようです。



足るを知り、つつましく在りたいものです。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

「一口ごとのいただきます」と「味わい尽くす覚悟」と「一日一食でちょうど良い」と「純粋な喜び」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

fdmoの日記
「一口ごとのいただきます」と「味わい尽くす覚悟」と「一日一食でちょうど良い」


食事をしながら何かをする人って多い…というより、そ
れが普通のような気がします。ただ義務的に…無意識に
食べ物を口へ入れて、ろくに味わうこともなくひたすら
飲み込んでいく、ほとんど流れ作業。
その程度の食事だからそこへ向き合う意識などおよそ無
い。

そんな食事をしながら会話をする場面も多いと思います
が。会話を楽しみながらの食事って、頂く命とのコミュ
ニケーションと一緒に人間どうしのコミュニケーション
を同時に楽しもうとすること。
それってもしかしてとってもぜいたく?


ぜいたくなのかもしれないけれど、少なくとも私にとっ
ては雑音にしかならない、食事に集中したい。

増してテレビとか音楽とか…少なくとも私にとっては論
外。


何かしら欲望にかられている人って本当に多い…という
よりそれが普通だし。そんな欲望にかられている人と会
話をしているよりも、頂く命のおかげさまでよほど純粋
な喜びを感じることができる気がしています。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 19:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

「存在するありがたさ」と「完璧な舞台」と「日増しに強まる閉塞感」と「十二分な妙味」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

存在するありがたさ、それを日ましに強く感じています。

欲深く求めることはなにもなく、すべて完璧な舞台が整
えられていること。



それと反比例するように、日ましに強まる閉塞感もあっ
たりします。

せっかく完璧な舞台だというのに、自らの欲望でぶち壊
しにしている私たち人間。



そういう醍醐味というのもあるけれど、そんなお子様ラ
ンチみたいな大味じゃつまらない。

とはいえ、人々はそんな大味を求めてもいるようで。


…まったく。

そこから零れ落ちる滴だけで、十二分な妙味があります。

求めることなどなおさらなくなります。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

「「信用して!」という人間ほど信用してはいけない」と「欲深き人の姿、そこに何か…過ぎたものを感じます」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「信用して!」

という人間ほど信用できない、信用してはいけない。

それも切ない話です。


切ない話しとはいえ、我が身を護るためには大切なこと。

…なのですね。

約束を反故にしているかたがた、「信用して!」発言率
が高かったことに驚きます。


「信用して!」という言葉、その人の心理には今の否定
もあるのでしょう。

そこからすでに、信じるには値しない物であったのです
ね。



足るを知りつつましく在ろうと。

そうした思いでいる今の私。


あらゆる欲望はすなわち醍醐味だけれど。

理解を深める、成長するのも大切な醍醐味だけれど、そ
れは醍醐味のひとつに過ぎない。

健やかにある今の享受、それが何より大切なのではない
かと。



飽くなき人の欲望、それは健やかなる証しのようなもの
なのでしょうけれど。

欲深き人の姿、そこに何か…過ぎたものを感じます


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

ウォーキングとプライスレスと完璧さに脱帽

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歩く…それだけでも生きている実感…醍醐味があります、
ウォーキングならなおのこと。
心が喜びにふるえるのを感じ、歩きながら思わず笑顔に
なります。

おいしい・おいしくないに関わらず、食べる…それだけ
でも生きている実感…醍醐味があります。

眠る…そして目覚める。

息を吸う…そして息を吐く。



生きている実感。

そのありがたさ、プライスレス。



何気ない瞬間瞬間が本当にありがたくってうれしくって。

今ここの完璧さに脱帽。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関係と魅力と足るを知る

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人的関係には、なんらかの敬意があるもの。
魅力を感じているからこそ関係が構築され、維持されて
いくのでしょう。


それを否定するような人。
不義を繰り返し、自らの魅力に泥を塗るような人。
身の回りに多いことが切ないのです。


中には悪意を持った…確信犯もいたようですが。
不義を繰り返している時点で悪意の有無は問題ではない
ような気がします。


さながら人間否定運動のよう。
それに男女の別はない。どちらも卑しい。


足るを知ることで、そんな思いをすることもさせること
もなくなるのでしょう。
その魅力を今のここではあまり評価しませんが、無上で
ある気がします。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:19| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

「必要」と「欲望」と「考える人はおよそ少ない」と「過ぎたるは及ばざるがごとし」と「英雄色を好む」と「言いわけ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その欲はなんのため?

私は何のためにそれを求めているのか。

必要なのか?なければ命にかかわるのか?それとも今だ
けの移り気な欲望であり、気持ちがそれを欲しいだけな
のか?


考える人はおよそ少ないようです。

だからこそダイエットが永遠の課題になったりします。


睡眠・排泄・食…生物的欲望から、名誉・認知・権力…
社会的欲望から、はては生殖欲なども。

過ぎたるは及ばざるがごとし…その不足・欠乏が生命を
脅かすものもありますが、およそ浮世の欲望に過ぎない
ものが本当に多くって。


〜英雄色を好む〜

とか言っても、それは動物的生殖欲に過ぎない

つまりは言いわけ。自らの欲望・生殖欲を正当化しよう
とする言いわけ。


必要と欲望は違うものです。

本当に必要なものは驚くほど少ないもの。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

「青い鳥を探しに旅へ出る」と「それはおよそどうでもいいこと」と「必要なものはすべて準備されています」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人生は一度きり。後から悔いることのないように今を精
いっぱい生きる…。

のは大切なことだと思います。


精いっぱい旅行したり遊んだり稼いだり仕事したり…

貪欲に求め続けているのがこの世の都合・その人が認識
している世界の都合ばかりで、それはおよそどうでもい
いことばかり。


今ここに青い鳥はいるというのに、そんな求めることな
く十二分な幸せを享受できているというのに。

青い鳥を探しに旅へ出る…それは人の習性なのでしょう
か、昔から変わりませんね。



そうまでして求めるのはよほどの?

…なんて思って、いろんなお話しに付き合ってみました。

付き合ってみれば、単なる現世的我欲に過ぎなかったり
…やっぱりそれはおよそどうでもいいこと。

どうでもいいことなんて言うと語弊を招きそうですが、
つまり生きるために必須ではないこと。

おいしい・きれい・早い・高い・楽しい・多い…ものに
よってはその対義だったりするけれど、なぜそこまで求
めるのかがわかりません。



健やかにある今、それだけで本当にありがたくうれしく
幸せです。

何も求めることはありません。必要なものはすべて準備
されています。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:06| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする