お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年12月26日

「我が身のこととして考えると慮り」と「YAさん」と「自分に甘く人に厳しいと富の偏在と欲と資本主義」と「すばらしいとどうでもいいと謙虚と喜び」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人(他人)のことを我が身のこととして考えてはいけな
い!

思いやり・やさしさのひとつとして「それを我が身のこ
ととして考える」というのがあります。広く云われ、認
識されていることと思います。

(もしかしたらそれは日本的な物言いであるのかもしれ
ません。「慮(おもんばか)り」という単語が存在する
日本語!それを母語にする日本!!とはいえ…日本で生
まれ育ってきているとはいえ…)




大変な状況であることを訴えてきたYAさん。それを慮
ればこそお金をお貸ししたのですが、約束期日にご返
済頂けず、連絡も取れなく・なくなり。裁判所からの
支払督促や弁護士から連絡にもノーリアクションで、
私が知る勤務先からの最後の給与を差し押さえ付郵便
送達で一部回収することはできたものの、お貸しした
金額の全額満額返済には至らず。

どうするつもりなのか、どういうつもりなのか全くわ
からないYAさん。





人は基本的に「自分に甘く人(他人)に厳しい」。
富の偏在がそれを端的に証明しています(!自由自在
を可能にする資本主義社会!人の持つ欲望も明らかに
!!))。


生殖でも生活でも文化でも社会でも…それらはもっと
もっとと欲深いからこそなせる技。
欲深いからこそ人は成長し繁栄し、そこに素晴らしい
ものを作り出します。

大人も子供ももれなく欲深いのが普通。恐ろしい。


欲深き人間。

生半可な慮りは
けがのもとorやけどする。

決して慮(おもんばか)ってはいけない!!
…ということになってしまうのでしょうか。

少なくとも今私は、そうして慮ってきた結果に負って
しまったやけどの治療に四苦八苦しています。




ご多分に漏れず、私にもさまざまな形でご縁を頂くと
てもたくさんのかたがたがいます。

そうしたかたがた、すばらしき成果・結果を残してい
る人は大勢いる!
すばらしき人は大勢いる!
決してそんな嘆きたくなる人ばかりじゃない!!

人間の負の側面を感じさせる人にばかり意識が行って
しまいがちだけれど、それは一部に過ぎない!




関係した人々。
それぞれに欲深く追い求め、興じ、精を出している事
々。

およそそれらすべて、生きるために必須なことではな
い!
すばらしいのだけれど、そもそもどうでもいいこと!!


どうでもいい…そこに人は喜びを見出し悲しみを感じ、
文化を作り年輪を重ね成長を遂げ価値を生み出し、生
きる糧を得る。

すばらしい!!




すばらしいけれどどうでもいい。

どうでもいいけれどすばらしい。


それに気が付き理解してしまった私は悲しいのか?それ
ともうれしいのか?

思案材料は尽きません!


考える!考える喜びがそこにあります!!




およそどうでもいいことだと思いつつ!

謙虚に驕らず高ぶらず…



私も!私こそ!知らないことのほうがまだまだはるかに
多い!

そうして思えば、謙虚にならずにはおれません。

しかし慮っては我が身を傷つける。




喜ばしい話しのはずなのに、悲しくやるせない話しです。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 17:19| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

「正義と悪の非対称」と「言葉遊びと今を生きる覚悟」と「無限の可能性と嘆きと喜び」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正義に対するものは悪、そうしてよくいわれます。
でも正確には…正義に対するものは不義であり、悪に対
するものは善であること。

そこに言及する人ってあまりいませんね?

・正義 : 不義
・ 善 : 悪

×正義 : 悪

正義=善であったり不義=悪であったりするのなら成立
できそうにも思えますが、その等式は必ずしも成立しな
いし。

正義と悪とはその基準が全く異なるものであること。


正義:不義の境界線は法規・倫理・道徳によって明らか
にできそうにも思えますが(できそうだけど人間はそれ
をまだできずにいます!)、善:悪の境界線に至っては
より主観的な物言いであり、感情も加味することのある
それはまったくの曖昧模糊・五里霧中。
さらに!その両者ともに、「時・所」「時代・場所」に
よって移ろいゆく!!


何気に思い至り、備忘録。

テレビヒーローの影響なのでしょうか。
「正義の味方対悪の化身」なんて図式が描かれがちなそ
れ。ww




約束を守らない…私がお金を貸して返してくれていない
人たちは不義であるのは間違いないのでしょうけれど、
悪なのかといえば必ずしもそうとばかりは限らない。

特にその人とその関係者にしてみればそうしている今、
そうしてきたことで在る今は善きものであるはずで。



たちの悪い冗談のような、言葉遊びのようにも思えてし
まうそれ。

信に基づき今を生きる…そんな覚悟など、それこそが妄
言であったのか!?!



それもこれも人にある無限の可能性のひとつ。

嘆きたくなるけれど、喜ぶべきことなのでしょう。




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 11:29| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

「青春と人生と諸行無常と時間軸」と「今と記憶と輝き」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「青春は短い」だとか「青春は一瞬」だとか…。
訳知り顔に語る人・諭すように語る大人が散見できます。
そうして語る背景には、その時間を・青春と云われる時
を過ごしてきた自負があったりするのでしょう。

「人生は短い」だとか「人生は一瞬」だとか…。
訳知り顔に語る人・諭すように語る大人が散見できます。
前者と比して年齢層は少し上がるようですが、視点と主
語が違うだけで、その言葉に込められたものはほとんど
同じ。長い人生を過ごしてきた自負があったりするので
しょう。


あえてそれを語るのは、
「長いように思っていたけれど決してそんなことはない!
今その輝く時間をどうか満喫してほしい!」
と伝えたい気持ちがあるのかもしれません。




つまり、その視点は同じもの!
今を起点に、時間軸で任意の期間を指して論じるもの。

その主役である自分の視点しかもっていないのが惜しい!
長いも短いも・一瞬も永遠も…
青春も(そこで言う)人生も…
相対的に作り出した定義に過ぎない!
そもそもそんな区別などない!
文字どおり差ほどのこともない!



何事も、そのさなかにいると長いように・永遠に続くか
のように思ってしまいがちだけれど、決してそんなこと
はない!

諸行無常…その四文字に込められた思い・意味と通じる
ものがありそうです。




「青春…」も「人生…」も、それぞれ云う人はいるけれ
ど、それがほぼ同義であることに言及する人っていませ
んね?

そこに思いがいたる人がいない…いないことはないので
しょうけれど、私はそうした思い・声を聞いたことがな
かったように思います。

相手の立場でものを考える…慮ることのできる人がそれ
だけいないということなのでしょうか。





…つまり?!
青春の輝きとはよくいわれるけれど、人生だって輝くも
の!

今生きている人はもれなく人生の只中にいる!
輝きの中に!輝きの真っ只中にいる!!

永遠の青春とか…。それはある意味真理?!
今ここに生きているって輝かしいこと!!


およそそうして言う人は、その輝きがその目に入ってい
ない・その目に映っていないのが惜しい!




さらに思えば…認識できるのは「今」というこの瞬間だ
け!

青春云々・人生云々…それらは記憶の中に封じ込められ
たもの。

記憶に思いを馳せるのも今、認識する現実を満喫するの
も今。
今、その輝きはすばらしいもの☆




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 19:11| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

「演出された価値と減価する幻想」と「不食と学問と後付けの理屈」と「可能性は無限大と知る喜び」と「テーマパークと欲」と「喜ばしいほど嘆かわしい」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本当は必要ないもの。
それにもっともらしいいかにもな理由をつけて必要を演
出、同時に自己正当化。
そうして踊らされ、自覚なく欲しがる人々。

たとえばクルマとか…ニューモデル云々言ったって所詮
人が作る価値。
人が作る価値というものはおよそ減価する。
一刻の価値など、まさに幻想のよう。



必要の演出といえば、栄養学もそのひとつか。
必須栄養素だのなんだの言っているけれど、不食に生き
ている人の存在は見事なまでにその反証になっています。


…今生きている人はひとり残らずそんな栄養素をもれな
く摂ることができているの?!…

子ども心にそれを不思議に疑問に感じたりもしていまし
た。
はたしてその通り、もれなく摂る必要などなかった(必
要ないというと語弊があるけれど、必要というより…そ
れも一興…程度のことであった!)。(苦笑



学問数々あれど、それはもれなく認識の理解方法。つ
まり後付けの理屈。

言葉という道具の綾…面白いところなのでしょうか、そ
の使い方・もちいられ方によってその意味合いが微妙に
変わったり、ときには正反対の意味になったりします。



そんな程度の理屈、つまり学問。あるいは知識。あるい
は情報。
それを御大層にありがたそうに取り扱う人間。

そこでは知ることの価値ばかり意識され、知らないとい
うことの価値は意識されないけれど。


知らないとは、その可能性は無限大!
それが意識されないのが惜しい!!

人は知るときに何らかの感情…その多くは歓び…を得る、
その大きさたるや計り知れない!


そうして思うと…今のここって、そう…さながらここは!
「知らないを知る・知ることを楽しめる一大テーマパー
ク」のようでもあり。
知る喜びを味わう・享受する、一大叙事詩!




演出された必要に乗って踊る。
欲深く求め続ける。
それが人としての甲斐であり扶持であるのかもしれません。




「それは私には必要ない」とか言って、もしも皆が悟ったら?

皆が無欲になる=経済社会の崩壊!不成立!!



欲深い人間…喜ばしいほど嘆かわしい、とか。ww



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:59| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

「欲望のすばらしさと稚拙さ」と「鏡写しと社会」と「負の側面と幸せ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

素晴らしいことです。
有史以前から人はそうして求め続けてきた。

そうして求め続けてきたからこそ、人は命をつないでき
て今ここに人はあり、私は今ここで快適に便利に在るこ
とができます。
感謝こそすれ、その否定などできるはずがありません。
生物的に・生殖行動として欠かせないものだけれど、稚
拙にも思えます。



しかし求めることを止めない人間
要求は霞み。際限なく。

欲望を見越して社会・経済が構築されているのか。
欲望を前提に作られている社会。か。

欲・求めることが必然。
それはつまり欲望の鏡写し、社会体制そのものが稚拙な
のか。

私たちは何も求めなくても、何も求める必要はないとい
うのに!
何も求めなくても与えてくれる社会システムまで構築さ
れ!!(現代日本に生きる幸せ!)
ありがたい!!!



しかし在ることを止めない私。
今私はここに在る。

まだ何かあるというのでしょうか。
私は(も)まだ物足りないというのでしょうか。



今私は幸せに在ります。

越えるべき課題やハードルは山積みでも!
人の負の側面をこれでもかと見せつけられても!

それがまた幸せでもあるのでしょう。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 10:14| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

「偉人・賢人・聖人と悟り」と「人生と真剣とゲームと醍醐味」と「欲望と屋台のお面」と「生きる意味の半減」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

偉人・賢人・聖人とか呼ばれるかたがたが、いわゆる悟
りを開かれたかたがたがいらっしゃいます。
それを目標にされているかたも少なくありません。

しかし、悟ってしまったら生きる意味が半減してしまう
のではないでしょうか!



「人生とは所詮ゲーム」だとか…訳知り顔に語ったり。
それはなまじ悟られたつもりになった方に多いような気
もしますが。

ゲームをゲームと割り切っているうちはそのゲームを決
して楽しめない・楽しんでいない。
我を忘れるほどにのめりこんでこそ、真剣に取り組んで
こそ味わえる醍醐味ってあると思います。



悟るのも一興だけれど、一興であるのに過ぎない!!

趣味に興じる人々・方々、悟るなどとは無縁に人生を謳
歌するかたがたこそが主役なのでは!?


そしてもちろん!だからこそ!

そこへ変な水を差したくはない!!




…そうして思ってみれば、そうして思って頂くご縁に誠
心誠意・できる限り付き合ってみれば…

表面的な欲望ばかりじゃないですか!




そうして思い考えている私に巡ってきたご縁、ご縁のあ
ったその人が持つ欲望。
意味があるのかと思えばさにあらず!

およそ表面的な、どうでもいい事柄ばかり。
お祭り屋台でどのお面を買うか…まさにその程度のこと。




そこに人は喜怒哀楽を・感情を得ることができるのだか
ら、そこに人は宝物を見つけるのだから決して無下には
できないしすることはないけれど。


それに付き合っても詮無き事であったと気が付いた、つ
くづくそうであったと思う今。

それは悟りのひとつになったりするのか?!




生きる意味が半減しようと何であろうと…

私は今ここに生きている。

その事実の前に語りは不要であり、おこがましくも感じ
ます。




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 17:37| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

「知らない幸せ」と「知る不幸」と「幸せな存在」と「めんどくさいことをする」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『「知らない幸せと知る不幸」だったら知る不幸を選び
たい』

そんな物言いをするかたがいらっしゃいます。


ほんとうに大切なのははたして?



不幸を受け入れる覚悟よりも、幸せに気が付く事のほう
がはるかに楽で・はるかに近道で・はるかに大切だとい
うのに!

甘えた物言いであるような気がしてしまいます。



しかしそうして言っていることはつまり、今の自分が「
知らない幸せな存在」であるとどこかで気が付いている
のかもしれませんね。

気が付いているからこそ、「知る不幸」を選択する。
そこで、今の幸せを確認していたり。


何だか知らないけれどめんどくさいことをしますね。www



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 06:53| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

「幼児はみな天才」と「知識と制限」と「無知と雀の涙」と「語彙は手掛かり」と「重ねる思い」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


散歩の折、「幼児は皆天才」とという言葉が目に入りま
した。
それはよく云われる物言いですね。


先入観を持たず、あらゆる可能性への挑戦を厭わない。
その物言いの背後には、そうした存在へのあこがれがあ
るようにも感じます。




先入観とはつまり知識。
獲得した知識が自分の可能性を制限します。
皮肉な話です。


と知識云々云ったところで、人が・人間が持つ知識など
雀の涙のようなもの。
物事を知るごと・知識を得る、そのたびごとに自身の無
知を思い知ることになる。
その程度のもの。




つまり。
みんな幼児みたいなものじゃん。
みんな天才なんじゃん!

憧れるんじゃない、憧れられる存在であること!
今ここのこの機会が夢に描いたような舞台であり、まさ
に天国であること。


それを知る人、その少なさとて雀の涙程度。




天才とか幼児とか知識とか可能性とか…あらゆる語彙は
それを認識する手掛かりに過ぎない。
今ここに在ることを満喫するために人はいろいろ思いを
重ねています☆




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 18:30| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

「一緒にやろうよ!とありがたさ」と「必要と勘違い」と「最高のギフトと青い鳥」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一緒にやろうよ!

…いろんなかたがいろんな案件のお誘いをくださいます。
(商売なんじゃ?なんてお話しもありますが、純粋に趣
味として好意的な声かけが少なくないのです!)




その声かけがありがたいことであるのは確かなこと。

とてもうれしいしありがたいのだけれど、反面うれしく
ないのです。

複雑な心境です。





テレビも趣味も何も必要ない。

いわゆる娯楽を求めることに、なにか勘違いの気配を感
じたりします。


それが人生の彩りになり、添えられる花にもきっとなる
のでしょう。

それはそれで一興には違いない。





人を感じることのできるご縁はありがたい。

でもそのすべてに付き合うのは到底不可能!

しかも「必要なものはすべて揃っている」と感じ考えて
いる身として、それは畏れながら寄り道であり蛇足であ
り、とても付き合いきれるものじゃない。





日々生きている。

それが最高のギフト。

青い鳥はいつもそこにいるのです。





感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 21:04| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

「睡眠時間の減少」と「手段の目的化」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この世が、今ここが天国だと気づき・理解が進む時。
睡眠というのも、必要ではなくなるのかもしれません。



偉人・賢人や賢者といわれるような方々の中には、睡眠
時間が驚くほど少ない方がいらっしゃいます。



睡眠とは今この世界から離れて本当の自分に戻る休息の
時間だとするなら。

今この世界で本当の自分でいられるとき、休息の必要が
ないのかもしれません。



そうした本質、その理解に及ばず。
その睡眠時間だけが話題になりがちで。

そこだけ・短い睡眠時間だけをまねして取り入れたりす
ることも多いようですが。


それも「手段の目的化」のひとつといえそうな気がしま
す。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 13:27| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「必要と欲望と騒音・雑音と哀しい話し」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

fdmoの日記
見切品と出会いと一期一会と喜び



…しかし…

人間同士でも、歓迎する・喜ばしい出会いがあればそう
でない出会いも…今ここに生きる人間の身で浅慮な判定
などおこがましいのですが…あるように。

出会い…そのすべてを受け入れることなどできはしない、
できるはずがない。




自身の必要をよくよく考える。

そこに尽きるのかもしれません。



必要以上に求められたからそんな余ってしまうようなこ
とにもなるわけで、飽食な時代や人間の欲深さを垣間見
るような気がします。



食品に限らない。

そもそも必要を考えた時、欠かせないものなどおよそな
い。



必要と欲望が普通に混同される世の中。

…それが経済成長の原動力にはなりますが…

ご縁とは名ばかりの騒音・雑音めいたものばかり。





なるほどそれで財を失い苦労を背負いこむことになって
しまった。

そんな人も少なくありません。



私もそのひとりになってしまうのでしょう。

哀しい話しです。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 12:35| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

「幸と不幸」と「鏡合わせと虚像」と「出来事と主観」と「判定と調味料」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不幸なこともありました。
でも今私は幸せです。



人に嘘をつかれてしまったこと。
約束したことを守っていただけないこと。
人の言葉に騙されてしまったこと。


さびしくやりきれなく、寂しさを感じる瞬間です。


でもその時、でもそれは。
今この社会の一員として立場を享受している、できてい
ること。
ひとりの人間として、自覚・尊厳・意識を持てているこ
と。
その証明にもなります。



幸・不幸も表裏一体。
それは鏡合わせ。
求めたところでそれは虚像。
さらに果てしなく際限なく続いていくもの。




そこにあるのは出来事だけ。
幸いである・幸せだとか、不幸であるだとか。その判定
を下しているのは他ならない私の主観。




つまりその瞬間、私はそこに私自身を感じ取ります。
それは間違いなく幸せな瞬間です。
その判定など調味料にすぎません。



不幸なこともありました。
でも今私は幸せです。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 10:33| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

「健康と病気」と「調和と不調和」と「自由自在」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

病気も自然。不調和も調和のうち。

病気の発生って・時にその発症って、何かが・どこかが
不調和だと知らせてくれているものであるような気がし
ます。




そうして不調和と言っている物事というのも、人がそれ
をそれと認識し自身の指針・指標を意識するための事象
に過ぎないような。

つまり…調和を理解するための不調和なのだとか。


不調和というものも人が調和を理解するために作り出さ
れた認識・語彙に過ぎず、すべてはそのままで完全な調
和がとれているのではないか。
そもそも不調和など存在しないのではないか。

と思ったりもしますが。




何かしらの不調和があり、でもそれに気が付けていない
時など。そんな時に健康が崩れて病気が発生するのだと
か。

「不調和・病気」も「調和・健康」のひとつ。
「調和・健康」の顕現・認識。




すべてはそのまま・在るがままで調和がとれていて、病
気も健康のひとつであるだとか。



少なくとも「それを病気と認識できるほどには健康であ
る」ことは間違いない。



今私も右膝の不調を抱えていますが…不調を感じるとき
って、身体各部が健やかにそつのない仕事をしていてく
れるからこそそれに気が付くことができます。



出先に電動車いすへ乗った方がいらっしゃいました。

私がその立場であったなら…
不調を感じていても普通に動く右膝のあることがうらや
ましく、今の私を贅沢に思うのかもしれません。



それを負ととらえるのは独善的なジャッジ。
そもそもそれは負でも何でもない。
はず。


願わくば在るがままに。
自由自在に。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 17:24| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

「ご縁と強かな人間の欲望」と「新しい可能性への扉と深慮遠謀と公私を問わない営業活動」と「成長と必要」と「自然な在り方と引き際」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今それを受け入れることができるのなら、浅慮に判断せ
ず、ご縁を信じ受け入れるべき。
…なんて、そんな思いもありました。
ですが、そればかりでもないようです。


今ここに生きて生活している、その中でとてもたくさん
いただくご縁。



(人が生きていく中で本当に必要なものは驚くほど少な
い!…と言うことに気が付いているのは私だけ?そんな
はずがない!)

およそ必要としていないはずのその人が私に求めてくる
それ。

私への新しい可能性の扉がそこに開かれているのかもし
れません!☆


しかしそれは目の前の満足や短期利益に…それも自身の
満足や利益に!…目がくらんだ、「強かな人間の欲望」
に過ぎない物が多く。
それどころか、およそ深慮遠謀などではない(しかも公
私を問わない!)単なる営業活動なことも多々。


総じて思うことは
「未熟なものほど求めることが多い・
未熟な人ほど求めるものが多い」
…と言ってしまえるのではないかと。

幼児や幼生…などなど、およそあらゆるものはその成長
過程で多くのものを必要とし、また求めます。
そしてその成長に従って求めるものは少なくなるもの。


いわゆる社会人の頃、およそ必要は少なく!
多くの余裕をそこで持てたり…そこで次世代の育成・
成長を促したり、様々な欲望による衝動でさらに多種
多様な感情を得ることができたり!☆♪…しますが。
するはずなのですが。

いつしか欲望と必要が混同され、いつまでもどこまで
も余裕が持てなかったりします。



…現代に生きる人間はその後…いわゆる高齢者など…ま
た多くのものを必要とし求める時期があったりします。

自然に生きる動物の中には、老衰のころ…引き際を知る
ように…単身で群れを去り、独り静かに朽ちていくもの
もあると聞きます。

その意味でも人間のそれはどこか自然でなかったりする
のかもしれません。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 10:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

「粗雑・粗野な人」と「我欲の豊かさと世界の狭さ」と「顕在的我欲表現」と「全てを甘んじ受け入れる覚悟」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

派遣先企業で私が配属されたグループの先人M氏、私が
仕事の指示を乞い受けるべきかた。
そのかたの行動・所作に粗雑なものを感じています。

普通に置けばいいのに…
わざわざ?叩きつけるように置いたり。
(普段はそんなことないのだけれど、私と一緒の仕事が
不満でそうさせているのかもしれませんが;)



そうして自身の感情を持て余すような人。
表面的なことにこだわり、囚われがあることを感じます。

そしてそれは決して極端ではない。
およそ多くの人は人に変化を求め、自らの変化を考えな
い。

それが普通なのですか。

しかもそれが!今この世界の楽しみを享受するには好ま
しい才能であるのでしょうか!



尊厳が傷ついた訳じゃない・大きな損失を被ったわけじ
ゃない…ちょっとしたこと・些細なことでも不満を感じ
るたび、表情や発する言葉を不快感あるものにしてさら
にモノにあたったり、不快感をあらゆる手段で表現して
いちいち不満を感じている自分を確認しているかのよう。


そんな粗雑を感じさせる人をはじめ、いちいち音を立て
る人、粗野な人。
そこには多分に自己顕示欲が、つまり我欲がある気がし
ます。

もしかして子供っぽい?
お子さま?
自己顕示欲過多?
…だとか;

そうした「顕在的我欲表現」は比較的男性のほうが豊か。

ですがそれは直情的というだけで、表現されているとい
うだけで、我欲は女性も豊かに持っています。


我欲の豊かさに人のもったいなさを、その世界の狭さを
感じます。

人が言う世界というのは恐ろしく狭いのではないかと!


すべては一生に一度の希有な機会。
ワンネスなんて表現もありましたね。

怒り・憎しみ・悲しみ…負の感情も感謝を持って迎えた
いもの。


得た感情は自己評価に過ぎない。
幸も不幸も自己評価に過ぎない。
…というのに。

全てを甘んじ受け入れる覚悟なんてないのが普通?なの
ですか?


どのようなものであれ、ことであれ、それを叶えて手に
入れてみればそんな夢焦がれるほど良いものではなかっ
た。
およそあらゆるもの・ことに言えると思います。


なぜ人は求め続けるのでしょう。
それが幸せを、生きている実感を享受できる手段なのだ
とは思いますが。
「それには及ばない」「そうするまでもない」というこ
とに気が付く人がこれほどまでにいないとはどういうわ
けなのですか。



それまで最善を尽くすのは基本として。(⌒⌒v



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 08:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

「くまなく展開する現代人間社会の素晴らしさとありがたさ」と「ごみの出し方が違う」と「責任と自覚とぬるさ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今までとこれからも住む住所地と、職場の工場と寮があ
る県西部の地域。

2カ所のあいだを、3月から行ったり来たりしています。



新しくご縁を頂いた県西部の地域。そこは私には今まで
縁もゆかりもなく、まったく知らなかったところ。

私がまったく知らなかったというだけで、決して
「前人未踏の地」などでは決してなく、
「人が快適に生活していくことのできる環境・社会・イ
ンフラ」はしっかりと整えられています。

そしてそれはこの地域だけじゃない、この県内だけじゃ
ない、日本国内だけじゃない、世界・地球規模でくまな
く展開しているのですよね!

現代人間社会の素晴らしさとありがたさを感じます!♪



住所地と県西部の地。それぞれに見る違いのひとつに
「ごみの出し方が違う」ということがあります。

燃えるごみ・燃えないごみ・資源品・などに分かれては
いるけれど、ごみ出しルールがそれほど細かくなかった
住所地に対し。
可燃物・プラマークあり・プラマークなし・金物・ガラ
ス・ペットボトル・陶磁器の7種類にごみを区分、それ
ぞれに「氏名記入欄のある専用ごみ袋」が用意され市販
されていてそれを使わなくてはならず、それぞれに週2
回〜月1回の回収日・ごみ収集カレンダーが設定されて
いる県西部の地域なのでした。

住所地より、もっとはるかに分別に対して細かくってち
ょっと大変です;

今ここに頂くこれもご縁…稀有な体験には違いないし、
分別して氏名記入してきっちり対応させて頂きましょう!
決して氏名記入欄があるからってわけじゃないよ。ww

…なんて思いつつ指定日に出してみれば、明らかに異区
分のごみが入った袋や指定日ではないごみ袋があり、そ
のほとんどには氏名が記入されていないのでした。www


氏名記入欄があるというのは、つまりそれだけごみを出
す「責任を自覚」してほしいのに他ならないのでしょう。
でもそれにはまったく及ばないことのようです。


ごみを出す必然がある現代人間社会に生きる人としてだ
けじゃない、連綿と続く命のバトンを繋いでいくひとり
の人間として、そして今ここでご縁を頂き生を享ける存
在として。

ごみ出しはひとつの表れに過ぎない…

およそぬるい気がします。(⌒⌒;


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 09:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

「キリストの十字架」と金銭貸借と「人々の節操と自覚と期待」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キリストは私たちの十字架を背負った…


などともよく言われていますが、キリストに十字架を背
負わせて人々は改心したのか。

贖罪意識も結構ですが、そうしている間に(そのキリス
トの心遣い・意図を汲み取るのなら)自らの十字架へ思
いを寄せ改心・改善するほうが大切ではないかと。



…なんて思いもするのですが…。


お金を貸して焦げ付いて、やむを得ず分割返済対応中な
かたがた。

今日は2017年4月の末日ですが、4月分を4月中に
振り込んでくれた方はひとりだけ。

それも「始終遅れるNK氏」が珍しく当月中の入金して
くれたという、イレギュラー感のあるもの。



聖書の時代…有史以前から変わらないようです。


ついでにこれも!ついでにこれも!

大変だと思うけど…私の分の十字架、もうひとつくらい
背負ってもらっても変わらないでしょ♪

そんな発想をする人々、自分に甘え人に甘える。
その節操のなさ。



複数の人にお金を貸している現在、それこそまさにその
かたがたが持つべき十字架の一端を背負わされていると
いうこと。

人に背負わせたまま…返済も連絡もないまま何年も経つ
人。
キリストへ背負わせた…でも、そのキリストを目の前に
しても十字架を持とうとはしない。
そんな人々の姿が重なります。


人々の自覚を期待したいと思うのですが、どこをどう解
釈したら期待できるのか見いだせずにいます。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 20:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

「味わいつくせないほどの醍醐味」と「本質を問いかけ続ける意識を忘れず」


〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食事することの・その機会の・その命を頂くことの、そ
の稀有さ・そのありがたさ。

fdmoの日記
「一汁一菜で必要十分」と「味わい深い」と「命へ向き合う真摯な姿勢」と「空恐ろしさ」

それをとても強く感じる今、食事にはとても時間がかか
ります。


「生きる」「生きている」
純粋に存在を享受し楽しもうとする今この機会。

寝食・衣食住・睡眠…
基本要素であると思われるそれら、それだけで味わいつ
くせないほどの醍醐味があり、1日24時間はあっとい
うまに過ぎてしまいます!


現世的なあらゆる欲望はおよそその手段に過ぎず、食に
例えれば味付けに過ぎず。
つまり手段に他なりません。それが目的や本質ではない、
どうでもいいこと。


生きるという手段、そこに派生・発生するあらゆる手段
が目的化しているような。

本当に必要なものとは?その目的とは?
そもそも…???


もうすでに本質を忘れてしまって久しいような気がしま
す。

ですが、それを求める意識を忘れずに問いかけ続けてい
きたいものです。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 11:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

「愛と欲」と「幻想と青い鳥」と「可能性と醍醐味」と「ご縁と機会と付き合いきれるものではない」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今この世界での愛って、無私無欲にひたすら相手の幸せ
を願う…ものではおよそありえない。

一般的な異性愛でも、百合とか薔薇とか呼ばれる同性愛
でも…

性愛とはつまり生殖欲なのでしょう(自認する性によっ
てその対象は変わるようですが)。

親子・友人知人・人類人間・存在そのもの…およそ愛を
唱える時、その人・自身の欲望・要求をそのパートナー
に・その対象に求めている。

その点ではなんら変わらない。

そこで愛を唱えなくても、今それはすでに幸せで在るの
ですから。

一般的に愛と表現されるものって、エゴイズムと紙一重
な…もしかしたら変わらない?というよりそのもの?…
同義のようにも思えてしまい。

その料簡の狭さが気になってしまいます。


あなたは今ここに健やかに幸せに在ることができている
のですよ?それは疑う余地のない事実なのですよ?

あなたがパートナーに求めること、或いは求めるその欲
望は欲望に過ぎず、それはおよそ幻想に過ぎないのです
よ?

今そのままで幸せに在るというのに、青い鳥が目の前に
いるというのに気が付かないのですか?


それが人間を・生命を繋いでいくための…そして、現代
社会を維持していくための大切な原動力だから、決して
否定するものでもできるものでもありませんが。

愛とはこれほどまでに矮小なものであったのかと。


そんなはずはない!

…と言ったところで、理想論・空論・水掛け論になって
しまうのでしょう。


人間の・つまり存在の、そこにある無限の可能性。

今のここはそれを押し殺してしまうような気もして、と
てももったいなく感じてしまいます。

…と、それも醍醐味でしょうか。ww



そうして欲望を差し向けられた時、それもご縁であり機
会であり、料簡狭く否定するものではない。

…なんて、余程のことでなければ前向きに受け入れてき
ましたが。
そうしたところでとても付き合いきれるものではなかっ
たのですね。


はい。
今さら?ようやく?もう懲りました。www


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 20:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

「スペシャリストとジェネラリスト」と「区別と人の都合」と「神の化身・分身」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スペシャリストとジェネラリストの区別は意味がない。

持つ視点によってそれはどちらにもなりえること。
何事も区別は必要なことですが、それは人の都合である
ことを忘れずにいたいものです。


そしてその行き着く先はきっと…

神と人の区別は意味がない。
私たち皆が神の化身・分身。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 18:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする