お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年12月14日

特養申し込み間際の悶着と思いやられるありがたさ

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

介護施設・高齢者住宅・老人保健施設紹介業者というの
は、民間の収益事業としての斡旋業。
ほっといても入居申し込みが列を作るような、利用料の
安い公的施設を紹介するはずがない。

公営の安い施設は初めから紹介リストに入っていなかっ
た。
ってことなのでしょう。
それを直に・肌で理解できた気がします。



そうして改めて特別養護老人ホーム=特養への申し込み。
しかしどこの施設も入居順番待ちがある状況。
ツテとかコネとか…人脈を頼る純粋さを忘れて久しい私。
下手なテッポも…片っ端から資料を取り寄せたのは都合
24軒、入居申し込みを重ね…都合9軒申し込んでみた
ところで、何軒かから状況確認なアプローチを頂きます。

大抵は申込書持参の上で訪問し、そこで施設説明を受け
たりこちらの状況説明しつつ、申し込み手続き完了する
段取り。
そんな中、特養Riの担当者さんはいきなりこちらの自
宅へ赴いてくれるほどフットワーク軽く、申し込み後も
母や現施設とまめに連絡を取ってくれるなど、誠実さの
あるアクティブさが好印象。

Riで決まりかな…と思いつつ契約締結な段取りにして
いた10日、その前日の9日夜。Riからの入電、それ
もいつもの担当者さんではなく別の相談員、何かと思え
ば10日予定の契約締結を延期してほしいとのこと。
只事ならぬ雰囲気を感じつつ延期を了承。



Riが緊急停止した局面…まさにそのタイミングで電話
をくれた特養Ra。これまたいつもの相談員さんではな
く別の相談員、何かと思えば
「ウチへの申し込みをどうするのですか」
と。

「ちょっと待って下さい。コロナ禍による緊急事態にな
ってしまっています。少しお時間頂きたいのですが…」

と伝えるも

「他に待っているかたが大勢いらっしゃいますので待て
ません」

「明日のご連絡・回答では遅いですか?」

「では今日中、16時までならお待ちします」

そんな…回答保留にしたまま何日も放置…したわけでも
ないのに、ある意味緊急事態なのは間違いないのに、な
にその強気な物言い。

人の足元を見るように話しを振ってきたRaの相談員さ
ん。その言動はRaを代表するものにもなる…自覚はな
いのでしょうか。いえ、自覚があるからこその言動なの
かもしれませんね。
しかしそれを向けられた身としては、Raという施設全
体への不信な心証が拭えなくなりました。


その電話をしてきたのが過日担当してくれてた女性相談
員じゃなく、その同僚な男性相談員だったこともあり、
その男性相談員の性格的な問題なのでしょうけれど。
Raさんでお世話になるようになれば、その男性相談員
さんとも何かしらの接点は発生することでしょう。

Raさんへの入所手続きが進んでいます。20日にも入
所できそうな段取り。
しかし今さら違を唱えるつもりはないけれど…今から思
いやられるのです。


思いやられる…
そんな思いも今ここに在ればこそですね◎


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:10| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: