お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年07月10日

出稼ぎ生活の終わりとドライヤーの修理と特別価格と電動歯ブラシとパソコンと買取査定

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出稼ぎ生活を終わりにして、自宅生活に落ち着きつつあ
る今。


出稼ぎ先と自宅とそれぞれに用意していたものが重複し
余分にあることになり、それを片付けようとぼちぼち動
いています。



そのひとつ、ドライヤー。

どうしようかな…なんて思っているうちに、自宅で使っ
ていたほうの…六年以上前…付き合いから美容院で購入
した業務用ドライヤー


moyaの日記
美容院の法人体質にうんざり


が、温風が出なくなるという不調になり。



メーカーへ修理を打診してみたら
「修理をされるよりも新しく買われたほうが安くなると
思われます。もし買われるということであれば、同等品
の新品を特別価格でご用意致します」


それはありがたいお申し出◎

どうしようかな〜なんて思いながら、アマゾンでその機
種を検索してみたら!

なんと!

その特別価格よりも安い出品がいくつも!!



…きっと特別価格っていうことに嘘はないのでしょうね。

ただ世間ではそれよりも安く売っている業者が存在する
って事。

メーカーの誠意が中途半端なものだった可能性もありま
すが、誠意が誠意として通用しない世の中って世知辛い
ですね。

とりあえず出稼ぎ先で使っていたドライヤーが図らずも
役立つことになったのは喜ぶべきなのでしょうか…
(ーー;






そのひとつ、電動歯ブラシ。

ダイソンとフィリップス。

体育会系に対して文化部系のような…使い心地は明らか
にはっきりと違うのだけれど、どっちが好き!ってもの
でなければどっちが嫌い!ってものでもない。

早く決めないともったいないのだけれど…これは今しば
らく2台を持て余すことになりそうです;







片付けようとしているそのもうひとつ、パソコン。

春先頃…二重生活それぞれに使っていた2台のパソコン。
その両方が少し調子の悪さを感じさせるようになり、そ
れならば…と2台同じタイミングで買い換えてみたもの。

富士通公式のネットショップで、型遅れモデルにi7や
SSDなど最新・余裕容量の架装を入れて組んでもらっ
たのですが。




moyaの日記
令和と欲とノートパソコンとアウトレットパソコンと富士通と東芝と宅配買取



その時の後日談。
東芝dynabookがあったおかげで?

かろうじて10,000円を越える査定にはなりました。

一昨年に買ったパソコンでもかろうじて10,000円
という所に世知辛さを感じたり;






そんな経緯もあった富士通印のパソコン2台ですが、二
重生活でなくなるのであれば、たとえハイスペックであ
ろうとパソコン2台もなくて良いわけで。

そして今回、そのうちの1台を買取査定。購入後まだ一
年も経過していない・メーカー保証期間内。


今までに4つのお店から査定の数字を頂けました。
仮に「A・B・C・Y」の4つ。


「A」と「B」はオンライン査定で、スペックと主観情
報から出した数字で「70,000〜75,000」と
「56,000」。

「C」と「Y」は行動圏内のお店で実物を見てもらった
査定で、「70,000」と「15,000」。


「Y」は家電量販店で「パソコン買取もします」という
ことで見てもらったのだけど、メーカー品でもオーダー
品=型番がデータベースに登録されていないものは査定
できず、ハイスペックパソコンということを見抜くこと
すらできずに、ノンブランド品と同等の扱いになってし
まうのでした。


「Y」と「B」を除外し、「A」と「C」の査定勝負。

「A」に実物を見てもらって正確な数字を出してもらお
うと、商品を・パソコンを送りました。査定結果の連絡
待ちです。



でもさすがですね。

購入半年以内のハイスペックパソコンならそのくらいの
数字が付くのですね!

そのくらいの数字でも、もう半額以下なのですが;




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 19:27| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: