お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年04月19日

母と誕生日会とありがたい記憶とツンデレお嬢様とRAさんと訃報と葬儀・葬式CHと諸行無常と人生後半

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生活拠点が施設に移った母。

自宅で母が生活していた近辺の整理をぼちぼち始めてい
ます。


その中に。
私が小学生当時、近所の友だちを招き母が開いてくれた
私の誕生日会。そのとき壁に貼られていた母手書きの式
次進行スケジュールとその中で使った母手製のゲームボ
ードがありました。

いかにもな手作り感満載の誕生日会。そんなの普通やん
ないでしょう…なんて呆れつつその気持ちは子供心にも
うれしありがたく、来てくれた友だちの前でうれしい感
情と感謝を表現しつつ、心のすみっこに恥ずかしさの感
情があったその日そのとき。

その当時母は四十代前半のはず。今の私よりも若い頃。
母なりに一生懸命考えて祝福してくれたことがくみ取れ
る、ありがたい記憶です。

なぜそんな何十年も前のものを今でも手元に?…って、
私がそれを見つけそうして感慨にふける…ことを狙った
のではなく、捨てる機会も捨てる必要もなかった、むし
ろ喜ばしい記憶の断片として母の手元に残っていたので
しょう。
そんな今の母は、口を開けば憎まれ口ばかりのツンデレ
お嬢様。
健やかですね。




そんな折、なにげに訪ねた地元スーパー。
なにげに…といってもそれは日課みたいなものであり、
ウチに・自宅にいるときは見切品目当てによく行くお店。


生活拠点が自宅に戻った今。何度か訪ねていたのだけれ
ど、そこでいつも見かけていたRAさんの姿がない。
実質店長さんみたいなものなのだし、表に出てくる余裕
がなくなってしまったのかもしれないね…なんて思いつ
つ。

なにげに…
「最近RAさんをぜんぜん見ないのですが裏に・奥にい
らっしゃるのですか?」
聞いてみたら。
「去年の九月、亡くなりました。」

…え?
一瞬我が耳を疑いました。


しかしそれは冗談でも何でもなく本当のことだったよう
で。
だいたいそんな冗談などあるはずもなく。

そうであるなら願わくばお線香だけでも上げさせて頂き
たい…と切り出してみれば、奥様にちょっと聞いてみま
す…と、今までにも店頭でよく見かけたおばちゃん…が
実はRAさんのお母様でいらっしゃったようです。


いうほどの個人的お付き合いがあったわけではありませ
んが、決して他人ではないほどのご縁を頂けたことも確
かであり。

moyaの日記
「RAさんとタロット」と「KTさん」と「長兄と姉と冷や水」と「KWさんと母と天然の悪人」と「YAさんと部のない勝負」と「本当に多彩なタペストリー」
「KTさんと寸借詐欺と探偵」と「RAさんとタロットカードからの助言」と「警察と裁判所とお題目と上滑りする勧善懲悪と横流しと行き止まり」と「NKさんと支払督促と無利息融資ととんだ甘ちゃん」と「YAさんと強制執行と退職の事実」と「KWさんと母と悪意のない悪人と無知の罪」と「金銭貸借トラブル率100%」と「十人十色・百人百様のせつない味わい」



「お線香だけでも上げさせて頂けますか?」
畏れながら伺ってみれば
「いつでも…とは言えませんが、よければぜひ」
とお言葉を頂けました。


年の頃は私とそう違いなかったはず。
何かあったのか。何があったのか。



昨年七月頃は仕事に加え父の名残と母の待遇と親族の対
応などに追われた頃。
日常は地元・自宅にいませんでしたから気がつけなかっ
たのかもしれませんね。



最近、YouTubeの
葬儀・葬式CH

にあげられている動画をいろいろと観たりしていました。

たまたまなのでしょうけれど…
諸行は無常であることを、そして人生は後半に入ってい
るであろうことを意識した私なのでした。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 09:44| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: