お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年11月05日

母とろうけんと入所と老衰と酷と入園準備と疑似体験と父と足跡と甲斐と扶持と欲望と人間らしさと愛しさと諸行無常と緩さと両性識有

moyaの日記
「人騒がせと帰ってこない」と「母とろうけん=介護老人保健施設」と「ごみ屋敷で出迎えてくれるそれ」


6月に母再出血。

大事はなかったものの、検査だなんだと数日間の入院生
活ですっかり緩んだ母。

もうひとり暮らしをできないし、させられないでしょう。



先月10月半ば、入所申込をしてOKを頂いた介護老人保健
施設へ母の入所手続きに行ってきました。


そうした施設への入所とは「そこからの退所とは、それ
はつまり死亡であり。その人に残された時間のことごと
くはそこで過ごすことになる」ように思ってしまいます。
「トレーニングやリハビリを重ねつつひとりでの日常生
活に不安がないレベルの回復を目指していきます」とは
いうものの・そうした説明をしてくれはするものの、老
衰真っ只中な人にそれは正直難しく、過ぎた期待にもな
り得るものではないかと。




入所時には親族の立合いが必要ということで、私の休日
に合わせ来月11月22日入所の予定がたちました。

残りの人生・残りの時間に極力悲しみや不自由や思い煩
いがないように。そう尽力するのが後進するものの使命
であり役割にもなるのでしょうか。

急な話に対応してくれた、今母がいる保険施設。間もな
く退所になります。




あらためて身の回り品の用意と、それらすべてへ氏名の
記入。

幼稚園入園準備みたいなものですね?

配偶者も子どももいない私へその立場を疑似体験させよ
うとするものであったり。(苦笑





父が遺した品・遺品の一部をヤフオクへ出品。

ひとつひとつに意外な価値があったりなかったり、意外
な意味があったりなかったり。


国鉄時代にある駅の駅長まで務めた父。

戦没者の足跡をたどって多くの資料を集めていた父。

その足跡をまたたどっていく今の私に甲斐と扶持を感じ
たり。


さすが?国鉄アイテムはマニアックな需要があるようで
す。

めでたく予定終了=出品アイテム完売となりました。





私がまだ幼いころ…喧嘩の絶えなかった父と母。

当時の現役な父と母の年齢に今私は近づいています。




愚直に健やかに在った父と母へ敬意を抱きつつ。

健やかな(?)欲望に翻弄され続けた人間らしさに愛し
さを感じつつ。

多くの人は諸行無常という言葉の認識が緩いことを感じ
たりします。



両性識有156ページ
生老病死は生きるものの定め、何事にも囚われず生きる
ということだけにしがみつかず、老いも病も、死だって
喜んで迎えたいと思うmoyaですが、今を生きることの
大切さを教えて頂けたような気がしています。

両性識有 [ 望月泰宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料)




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:33| 静岡 ☀| Comment(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: