お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年01月21日

「社と人の手」と「規模拡大と息づかい」と「住めば都と喜び」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「町村」が合併して「市」になった、今までの勤務先=
派遣先の地。

今回その地を離れることになって改めて思うのは、玄関
先に「社(やしろ)」のあるお宅の多さ!


社のあるお宅が多いのは土地柄だったのでしょうか???

或いはその土地には再開発や区画整理などといった「人
の手」があまり入っていない、古くからその地・その土
地に住まわれているかたが多いということになるのでし
ょうか。



比してみると…政令指定都市になる新たな勤務先=派遣
先の地、そこにあるお宅にはおよそ「社」などありませ
ん。ほんとうに全然ありません。



加えて、規模拡大の寂しさを思ったりもします。

町が大きくなるほど、その地・土地・地元を感じさせる
個人商店やこじんまりとしたスーパーがなくなります。


とても多くの商品が取り揃えられ、いよいよ不便に感じ
るものはなくなります。便利です。

ですが、どこに行っても同じような品物・風景・景色で
あったり。
その地に生きる人の息づかいが感じられなくなったり。



そのいずれにしても「住めば都」であることに違いはな
く。人の生きる社会で、その一員として。今ここに在る・
生きている・生活する喜びを感じ取っている私です♪


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 11:39| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: