お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年01月14日

「最後の挨拶とOi氏とOb氏とMo氏とOt氏とMu氏とY係長」と「レオパレスと住まう人の資質」と「ロフトと二階建てベッド」と「施設の充実と手段の目的化」と「幕開けとせわしなさ」と「KWさんNKさんKTさんYAさん」と「手段と感情と醍醐味」と「特定と愛と稚拙」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年の春にその機会・ご縁を頂いた職場。
最後の勤務・夜勤を13日の朝に無事に終え。

立場の兼ね合いから(?)現場のかたがたにはあらかじ
め話しておくことができず、最終日に
「実は今日が最後の勤務で、今日で失礼させていただき
ます」
なんてご挨拶を述べることになりました。




現場のチームリーダーなOi氏・初期に仕事を教えて頂
きその後も心置きのないOb氏・同じ派遣社員なMo氏・
Ot氏…
「残念だよ〜・次は決まっているの?・元気で!…」な
んて、好意的(?)な声をかけてくださる方がいらっし
ゃり☆



おそらく一緒にいる時間が一番長かったでろうと思われ
る、男性的?ご意見無用な?無骨・不器用さを感じるM
氏。
ほぼノーリアクション・ノーコメントでした。

人を否定するようなリアクションが多いかたでしたが…
いざそれが最後の機会…となると、それを歓迎するべき
か否か判断が付かないのかもしれません。

…らしいといえばらしいでしょうかww



Y係長からは

「誰にも相談も何もなく、突然辞めますなんて普通は通
用しませんからね!よく覚えておくように」

「…本当に申し訳ありません」

泥をかぶることになってしまった私の立場を再確認。



などなどの機会とご縁を頂き!
「ありがとう〜♪」と心で幾度となく唱えながら感謝と
ともにその場を後にし!


寮生活なアパートも「ありがとう〜♪」と心で幾度とな
く唱えながら感謝とともに後にし!




バスとJRを乗り継いで移動した新住所地、そこは政令
指定都市。

新しい住所地・寮はJR駅と駅のほぼ中間。どっちでも
いい選択の自由がある反面、どっちからもそれなりに距
離がある…歩いて一時間〜一時間半くらいかな…微妙な
位置。ww



新しい寮とは、そこはかの有名なレオパレス!
レオパレス初体験!!

そのお部屋にはロフトがありました!
ロフトのあるお部屋初体験!
…とりあえずそこまで荷物が多いわけでもないので、と
りあえずそこをベッドルームスペースに☆
そうして一晩過ごして思いましたが、子どものころに使
った二階建てベッドと近しいかもしれません。大人用二
階建てベッドといったような☆ww


壁が薄いだとか言った評判を聞くことのあるそこだけれ
ど、Wi-Fi環境のなかったことは残念だけれど、2階
だからか…まだこれからなのか…静かな環境がうれしい
のです♪

(相対的に言ってみれば)田舎から都会へ引っ越してき
た今回。田舎な今までのほうが(主に戸外でその話声を
耳にすることの多い同じアパートに住むベトナム人によ
り)にぎやかしく、都会に越してきた今この場所のほう
が静かという事実。ww

レオパレス云々・田舎だから・都会だから云々…訳知り
顔に(?)・評論家よろしく(?)それを語る人も多い
と思いますが、そういったことよりも、そこに住まう人
の資質により左右されるもののほうが大きい!
…ということを改めて思う私なのでした。

新しい住まい・新しい街…なにかワクワクします☆



街の規模が大きくなったことで…昨年春から生活した街
と比べ…施設・商業施設の充実ぶりを感じることはでき
ます。

ですが、個人商店や農家直売の無人販売などはおよそな
く、人の顔が見えにくくなったようにも感じます。

商売・商業・仕事という手段へ長じてくるとその向こう
が見えにくくなる…手段の目的化?
何かほかでもあったようなことですね。ww




そして明日から4日間の名古屋研修です!

とりあえず荷ほどきして、居住環境を整えておいて。

新しい舞台の幕開けは慌ただしくせわしく感じます☆





なんて折り、貸したお金が焦げ付いているKWさんから
「今月からまた返していきます!」
ってメールが届きました。

そうした言葉を何度反故にしてきたかわからないKWさ
ん。


そうした返済意思を見せてくれているだけ、滞りがちな
NKさんや、弁護士を通せど音信不通になってしまった
KTさんやYAさんに比べればありがたいのでしょう。

−10とー5を比較して、それは5もプラスである!
…だとか。


そうして…反故にされる・裏切られる可能性を認識しつ
つそれを信じていかなければならない。

なんとも言いようがありません。




みな一生懸命に生きています。

でもそれが手段であることなどをすっかり忘れたその姿。


出会い・ご縁を頂き…頂かぬまでも、行きかう・生きて
いる・生活している人々の姿がそこにあります。


ありがたさと同時に、喜び・せつなさ・哀しさ・嬉しさ・
やるせなさ…そして愛おしさ、あらゆる感情をそこに見
出し・感じたりします。


それこそが醍醐味であるのかもしれません☆


…特定の人を指して愛するとか愛さないとかいうのがと
ても稚拙に感じる今日この頃です。




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 20:14| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: