お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年12月22日

婚外恋愛と両性識有

成長し変化していく人間、それを変わらぬものとして捉
えていることに無理がある。

言葉で約束を交わし、それを書面で残す。

それが永遠の愛の誓いになっていたりだとか。

(そもそも!すべては愛すべき隣人!誓うまでもない!!
というのに誓うそこには嘘・偽りに満ちている自覚が?!)


NAVER まとめ
男性が浮気する時代は終わり?近年仕事を持った既婚女性の婚外恋愛が増える傾向

ハピママ*
不倫とどう違う? 今、主婦たちがハマる「婚外恋愛」の実態(1/2)

bitomos
婚外恋愛の長続きのコツは?恋愛賞味期間3年を超える秘訣はこれ♡


当人たちが幸せなら何も水を差すことはありません。

だけど、有名無実・虚構に満ちた儀式の最たるものとい
えるのではないでしょうか。





愛と(社会的)認知と性と…人の持つ基本的な欲望を利
用し形作られた今この社会。

女は男に甘え依存し、男は女に甘え依存し。
それが命をつなぎ。経済にも文化にも大切なモチベーシ
ョンになるのだから否定する由はないけれど。
そこで思考停止する人ばかり。



性的要求?
女性・男性、一方の性を求めるのは多分に遺伝子的要求。

それ以外なにもない。
悲しいほどに。


人としての糧があるかと思えばさにあらず。

異性を求める衝動は多分に遺伝子的な!生物的な!動物
的なものであった!!





そんな性欲だとか食欲・睡眠欲・排泄欲などの生理的欲
望や、安全欲や社会的欲や、承認欲や名誉欲などにはじ
まる自己実現欲だとか。

人の欲望を利用している人間社会!
人の欲望が経済の原動力!



結婚という契約・セレモニー・節目…それはつまり。
動物的な欲望があり、そこに人間的なものと社会的なも
のが便乗しているかのよう。


結婚と恋愛とは別のもの!まったく違う次元のもの!!

ついでにいえば育児・教育や社会・生活だって全く違う
次元の話し。





浮気?不倫?婚外恋愛?

手を変え品を変え言葉を変え、そこに求められるのは愛。
(社会的認知もちょっとあるかもww)




そう!そもそも!

成長し変化していく人間、それを変わらぬものとして捉
えていることに無理がある!!

…というのに、それを言う人がいないのはどうしたわけ
なのでしょう。





…そんな無理くりなハードルをふたりの共同作業で乗り
越えていくことに醍醐味があるといえばそれも一理。

何のために?と問えば、それは幸せのために他ならない。
幸せな人生のため。その人が生きて生活していく中で、
幸せを最大限享受できる・またしやすいようにという配
慮がされたもの。そうした契約事項のひとつ。



汝神を試すなかれ…とはつまり、人を試すなど不遜なこ
とに他ならない!

というのに、それを書面に残して自らに枷を科して…自
らとその相手・パートナーを試しているかのようなその
儀式・行為。





結婚という契約が形作られ残されているのは、人間のそ
んな近視眼的な欲望を憂慮し(人は前史から変わってい
ない!)戒め抑制しようという意図もあるのではないか。

最近ではそんな気がして仕方がありません。



両性識有144ページ
社会構成の基礎単位である世帯、それを行政が把握する
ために制度化された結婚、キリスト教の力を借りて愛と
いう名のオブラートに包まれた社会戦略。誓われる永遠
の愛、それは成長し変化していく人間を否定する足カセ
のよう。

誰でも変化・成長を毎日重ねているものと思います、日
々の変化・成長を重ねて数年後には今のmoyaには想像
もつかなかったmoyaがいたりします。今その時は恋の
花が散ってしまったとしても時が経てばまた違う恋の花
を咲かせようとするのでしょうし、千変万化・生々流転・
川の流れは絶えずしてしかももとの水にあらず…、人は
変わるものだということをわかっていてひとりを選び生
涯愛するだなんて…、そもそも人を選ぶという行為が不
遜な気がします。(そのセレモニーが持つ経済活動とし
ての有効な一面は否定できませんし、資産形成を考えた
時にその契約はとても有効な手段だとは思いますが。ww)



 その愛が受け入れられるか否か、結婚するか否か、老
後を一緒に暮らせるか否か…。階層の違いだなんだと、
年齢差がどうだと…。そんなに条件が必要なほど自信が
ないの?子育ての都合だ…社会制度の都合だなんだって…
、例えば結婚という「制度」を煩わしく感じます。その
「契約」には「お金」や「家」など、象徴的なものが多
数絡みます。

 それぞれがそれぞれを尊敬し、無私に相手の幸せを願
う者どうしが一緒にいるのは自然なこと、変化に伴いそ
のベストパートナーが変わることもまた然り。

「何があっても一緒にいる。自らの自由を喪失すること
に臆せず、家庭を守り子を育て、幾多の風雪を乗り越え
て生涯添い遂げる」
 moyaの想いは、そういう素晴らしい方々が多くいらっ
しゃることへ甘えたものでもあります。しかしそこに息
苦しさを感じ、嘆く方も多くいらっしゃいます。
 そもそもそれは手段のひとつであって、どちらが正解
・正しいのでは決してない。幸せの総和が最大であるこ
とを願い、ベストを尽くしていく。近視眼な評価は無用。
 それしかないし、moyaはそれしかできません。

 野暮に誓いを立てるまでもなく、moyaはあなたの幸せ
を祈り、愛しています。

両性識有 [ 望月泰宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料)




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 16:40| 静岡 ☀| Comment(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: