お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年11月28日

「献血」と「読書:自分の体で実験したい」と「両性識有」と「治験と科学者」

献血
「献血」と「健やかな身体のありがたさ」と「読書・自分の体で実験したい」


今回の献血中には読書を、本を読んでいました。

自宅から持参した本
「自分の体で実験したい〜命がけの科学者列伝〜/レス
リー・デンディ+メル・ボーリング/訳横山あゆみ:紀
伊國屋書店」




そうして培われてきた科学・現代医学、そこへの感謝。

人のあくなき好奇心、そこへの感心。

そうした知識を伝え共有し、今とこれからに生かすこと
のできる言葉のありがたさ。




書籍の中ほどで献血終了。
…まだ読み終えることはできていませんが…




その帯文は「勇気か、科学への愛か」

知らないからこそそこに好奇心が生まれ、可能性が生ま
れ。それはより輝かしい未来につながる道のりです。


現代ではそれをより安全に「治験」という形で、科学者
ひとりにその重責を負わせることなく、その効用・効能
を検証できるシステムがあったりします。





私が女性化を試みることができたのも、そうして培われ
た現代医学があればこそ。

「両性識有」それは女性化という実験。

「自分の体で実験したい」テーマは違えどそこに通じる
好奇心は科学者的であるのかもしれません☆

両性識有 [ 望月泰宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料)




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 21:02| 静岡 ☀| Comment(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: