お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年11月02日

「KTさんと寸借詐欺と探偵」と「RAさんとタロットカードからの助言」と「警察と裁判所とお題目と上滑りする勧善懲悪と横流しと行き止まり」と「NKさんと支払督促と無利息融資ととんだ甘ちゃん」と「YAさんと強制執行と退職の事実」と「KWさんと母と悪意のない悪人と無知の罪」と「金銭貸借トラブル率100%」と「十人十色・百人百様のせつない味わい」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貸したお金が焦げ付いている方々。そのひとり、KTさん。
今年の春ごろに何の言葉もなく姿を消し、探偵を雇って
それを追うもなんの手掛かりもなく・得られず、寸借詐
欺常習者であった気配を色濃く感じる今。

ご縁をいただいたRAさんとタロットカード。
その助言に加えて、RAさんの人脈・親族にいらっしゃっ
た警察関係者を頼りに警察署・中央署へ行ってきました。
タロットカード曰く、KTという名前を出しただけで話
が通じるほどの折・タイミングだと!



しかしまったくそんなことはなく、(詐欺)事件・事故
として取り上げられるような気配を微塵も感じさせず、
「警察は動きません」という言葉に腰の重さを再確認。
「裁判所の書類(支払督促)があるのなら裁判所へ行か
れてみたらどうですか。そうして姿を消すかたは他にも
いるでしょうからそうした時の手段があるかもしれませ
ん」
親切・丁寧なアドバイス?それとも横流し?




親切なアドバイスは素直に聞き入れましょう…というば
かりでもないけれど否定することでもなく。
その足で続けて地裁・地方裁判所へ行きました。

数回にもなっている支払督促の発行、それでいつもお世
話になり顔見知りになっている裁判所一階の職員のかた
が対応してくださり、「財産開示請求されてみたらどう
ですか・逃げてしまって住所がわからないのでしたら公
示送達が使えるかと思います」と話しは四階へ。

四階へ伺ってみると居場所がわからないのでは何もでき
ませんので警察へ行かれてみてはどうですか。
と、ここでも親切・丁寧なアドバイス?それとも横流し?

再度一階へ訪ねてみると、公示送達の理解が足りず無駄
足申し訳なかったとの言葉に続いて…
「(警察にしても裁判所にしても)公務員は仕事をした
がらない傾向があります。住所不明と最初に伝えてしま
うと、その公務員に仕事を断る理由を与えてしまうよう
なものになってしまいます。
懸念が(この場合は住所不明)があるのなら最初はそれ
を言わず、そこには何も問題がなく仕事を受けざるを得
ない…ように伝える必要があります」



事実や本当の姿や目的などは問題にされない、勧善懲悪
などとはお題目に過ぎず、体裁・手段・表面的なことに
こだわる…なにかとても上滑りするようなものを感じて
しまいます。
ですがここでそれを言っても仕様のないこと。





警察署を皮切りに裁判所へ、半日かけて回ってみました。
その結果…
その相手に対し訴訟を提訴する手段はまだありますが、
それでも今すぐ取り戻せるわけではなく、現状は費用的
にもその手段を取ることができず。

せっかくRAさんから力を貸して頂き、警察・中央署へ
伺ったのですが程なく裁判所へ話しは流れ。
私の力が及ばなかったのか・現状それ以上どうしようも
ないのか。
…残念ながら行き止まりになってしまうようです。







無利息融資として胡坐をかいている気配なNKさんの件。
裁判所を通じた支払督促が成立しているものの、それに
は金利・利息条項を付けなかったので、つまり無利息融
資が確定。
そのお金で事業・収益活動をしているなど、とんだくわ
せもの!とんだ甘ちゃん!!(どころか私がそれ以上に
甘ちゃんであったのか!?!)






支払督促が成立してはいるものの、何の連絡もなく返済
の意思も見えず。
次の段階として強制執行を弁護士にお願いしたYAさん。
弁護士から進捗の一報が届いて驚きました!私が認識し
ている勤め先を今年の10月で退職しているのだとか!!
最終になる給与、その(YAさんへの)支払いを止める
ことはできました。でもこのままではそれを貸金に充当
することができず、それも貸金満額には至らず、おまけ
にそのまま姿をくらませてしまう可能性もあるというこ
とになり。





その三者は計算ずくな悪意を感じずには入れないのだけ
れど、その一方。計算や悪意はないのだけれど、本当に
お金がなくてどうしようもない気配なKWさんの件。
そう、悪意はない。相手のためを思って、ベストを尽く
そうと思ってしたこと・為したこと。その多くが裏目に
出てしまう。
裏目に…とはいえそれは本人の読みの甘さや情報不足・
無知から招いてしまうことが多い。

そこに連想され、またその姿や印象が重なるもののある
我が母。
きっとそう、母は生まれながらの小悪人
KWさんと同様、悪意はないけれど災難や不幸を呼ぶ。

そうした母やKWさんに罪があるというのなら、無知が
罪ということになってしまうのか。






今回ご縁をいただいたRAさんとタロットカード。
曰く…
貸したお金が焦げ付いている方々には横のつながりがあ
るとか!?
そんなKTさんや、NKさんやYAさん、そしてKWさん。
知り合った時期もきっかけも全く異なる人たち。
そこにつながりがあるとは…それはにわかには信じがた
いのだけれど…。
事実は小説より奇なり…そんなことがあるのかもしれま
せん。そんないいカモとして私の情報が共有されていた
りとか。



金銭貸借トラブル率100%?!
個人的に「お金を貸して」って…個人間で金銭貸借をし
て、それがしっかり焦げ付いている方々。
しっかりきちんと返してくれる人もいるのだから…と思
っていたけれど、思えば…貸借履歴を見てみればそれは
KTさん・NKさん・YAさん・KWさんみんな初めはそう!
少額で借入・返済実績を作り、頃合いに少しまとまった
金額の借り入れを申し入れて借りたらそれを(素直には)
返さない。

ご多分に漏れず?評判・定説通り?
「お金を貸して」
という人のその言葉は実は
「私を信用するな」
と言っていたということ。

それこそ信じがたい…というより信じたくはないけれど、
100%という数字の前には信じざるを得ません。

そこまでは…その言葉が出される前…それまでは、そん
なトラブルの気配を感じさせない、普通の人・普通の方
々と思っていました。
「となりの脅迫者」という本もありましたが(moya
の日記「となりの脅迫者/スーザン・フォワード 訳)
亀井よし子:PanRolling
」)、犯罪者(犯罪などとは
人が作り出した概念に過ぎないのだけれどそうくくらざ
るを得ない!)はいつでもすぐそこにいる!?
「普通」と信用したのがそもそも私の甘さであったのか!?




価値観は十人十色・百人百様。
それが素晴らしいものだと思ってはいますが、それを味
わうのはせつない時もあります。





それを満額取り返せるか…返済の意思を見せてくれてい
る人・まったく姿をくらませた人それぞれいるから難し
いと言わざるを得ないのだけれど、それは私個人のもの
ではない・moya家のものであるのだから取り戻さない
わけにはいきません!

まったく…つまらない遠回りをさせてくれます。





感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 17:34| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: