お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年10月30日

「欲望のすばらしさと稚拙さ」と「鏡写しと社会」と「負の側面と幸せ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

素晴らしいことです。
有史以前から人はそうして求め続けてきた。

そうして求め続けてきたからこそ、人は命をつないでき
て今ここに人はあり、私は今ここで快適に便利に在るこ
とができます。
感謝こそすれ、その否定などできるはずがありません。
生物的に・生殖行動として欠かせないものだけれど、稚
拙にも思えます。



しかし求めることを止めない人間
要求は霞み。際限なく。

欲望を見越して社会・経済が構築されているのか。
欲望を前提に作られている社会。か。

欲・求めることが必然。
それはつまり欲望の鏡写し、社会体制そのものが稚拙な
のか。

私たちは何も求めなくても、何も求める必要はないとい
うのに!
何も求めなくても与えてくれる社会システムまで構築さ
れ!!(現代日本に生きる幸せ!)
ありがたい!!!



しかし在ることを止めない私。
今私はここに在る。

まだ何かあるというのでしょうか。
私は(も)まだ物足りないというのでしょうか。



今私は幸せに在ります。

越えるべき課題やハードルは山積みでも!
人の負の側面をこれでもかと見せつけられても!

それがまた幸せでもあるのでしょう。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 10:14| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: