お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年09月19日

「M氏と訂正免疫」と「偏向意識と連帯意識」と「格差と人間らしさ」と「汗臭いほどに生きている実感のある幸せ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暑さはやわらぎ…だいぶ秋めいて来ました。ですが動い
ているともちろん、勤務時間中にはまだまだ汗ばむ・汗
をかくことが多いです。
自分自身に汗臭さを感じたりすることも多いのですが。
汗臭いほどに為すべきことがある幸せを感じたりもしま
す〇





…ある日の勤務時間中…
製品の焼成に使う焼き板を専用台車に乗せる際、焼成(
製造)システムのひとつに・一部に収まった専用台車へ、
その隙間から入れて納め乗せていた私。

それを見た(私が指示を仰ぐ立場の)(正規)社員M氏。
「それってなにやってる?…そういうことをしないで」

つまりそれは今まで誰もしなかった仕事法で。
新たな火種になるかもしれない…無用のトラブルを防ぎ
たい思いからの言葉だったのでしょう。

以来私は(M氏のいるところでは)その行動を封印して
います。




そうしていたら、M氏自ら焼き板を隙間から入れ専用台
車へ納め乗せているところを目撃。




私はいいけどあなたはダメ?
社員はいいけど派遣社員はダメ?




その時はダメと言ったけど、よく考えたらダメじゃない。
むしろ必要なら有効な仕事法!

と気が付き考え直し思いを新たにし、その時の私と同じ
ことをしたのかもしれません。


単にそうして言ったこと自体を覚えていないのかもしれ
ませんが。




或いは…
大学卒業からずっと工場勤務で「(自身の言葉の)訂正」
というものへ免疫がない、それだけなのかもしれません。

謝ることができないとか…ひとりの大人として・一社会
人としてどうなのかと思いますが、それもありなのでし
ょう。







製品の扱いかたルールにもそうした偏向意識を感じます。

通箱から投入口へ、ザーッと一気に入れていいのは社員
だけ。

派遣社員は一掴みづつ手で投入すること。





そういう些細なところで格差を作る。

多くの人はそれが生きがいや醍醐味だったりするのでし
ょうか。

せんなきことに思えますが、それも(人としての)天賦
の才能であるなら喜ぶべきことなのでしょう。


実際、今回そこで私は人というものを感じることができ
たわけですし。








些細なところと言えば…勤務時間終了時のお約束。

定時退社時刻数分前になったら、社員は現場を離れてい
いけれど派遣社員は現場を離れちゃダメ。


そして定時退社時刻になったら…
すぐに帰り支度を始める社員を横目に、派遣社員はそこ
から後片付けにとりかかる。




ただし、機器が止まったりしてある社員が現場を離れる
ことができなくなった時、他の社員は帰らずにその落着
をひたすら待っている。

社員仲間の連帯意識、その醸成にも一役買っているよう
です。






人に厳しく自分に甘い人物像。

いきおいそれが「自・他」或いは「仲間・門外」といっ
た格差を作り出す。

それが人間であるのでしょう。

そうして垣間見えたり、「らしさ」を感じることができ
たりします。

それは喜ぶべきこと!






たとえ理不尽な注文・要求をしてくる人のもとでも、誠
意をもって誠実な対応を心掛ける。
修行ですね。

同時に…生きている実感を頂けて、人を感じることので
きる私は今幸せです☆






感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 13:57| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: