お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年09月18日

「なんでもできるという人の無能ぶりと残念感」と「I氏とKTさん」と「派遣社員とご縁とリスクとWin-Win」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「なんでもできるという人の無能ぶり」

それを垣間見るどころか目の当たりにすることになりま
した。




過日入社してきた後輩派遣社員のI氏。
会話の反応は速やかで快いもの。
その仕事ぶりにも期待ができそう…な方であったので
すが。


試すつもりでも何でもなく
「この仕事やったことありますか?できそうですか?」
質問を投げてみたところ


「なんでもできます!」


話しには聞いたことがありましたが、久しぶりに出会え
た気がします。
「なんでもできます!」などと、恥ずかしげもなく言い
放ってしまう人。


しかもそれは質問に答えているようでいて実は全く答え
ていない、話が全然かみ合っていないもの。






はたしてそのとおり、普通な人であれば大概のことはで
きるでしょう。

しかしそれを速やかに滞りなく手早くこなせるか、人か
ら指示を受けなくても為すべきことがわかっているか、
それは多少なりとその経験がないと敵わないもの。




加えて「百メートル九秒台で走って!」

…なんていっても無理であることは間違いなく。




「なんでもできます!」
…そう言い放ってしまうことは、経験を積んで今その仕
事に従事している人をはじめ、天性の才能の上に厳しい
トレーニングを積み重ねてそれをできるようになった人
をバカにするもの。




そんな残念な言葉、残念なかたであったのですが。
そんな失礼な言葉を発していたことに気が付くことはお
そらくないのでしょう。







そしてやはり(?)その豪語ぶりとは裏腹な仕事ぶりで
あったことが判明。



派遣社員といえど…派遣先企業で配置換えなど試みられ
たようなのですが、その先々での評価は一律「使えない」。

その豪語ぶりとは裏腹な仕事ぶりであったことが明確に。



派遣元企業でその処遇先を探すことになるのでしょう。




I氏の気のいいおっちゃんぶり、それがお金を貸して焦
げ付いているおひとりKTさんと重なります。

なにか強く「残念」を感じます。






派遣社員とは。
そんな人員雇用リスクを避けることができるもの。

単純な労働力が欲しい時、いちいちそんな(不遇人員!)
リスクを背負っていてはかなわない。

(ご縁とは!つまりリスクでもあり!(?)!)

雇用者はそんなリスクを回避できるものであり、被雇用
者はそれなりの待遇を約束された環境を享受できる。

Win-Winな関係だと言ってしまえるのでしょうか。





感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 10:43| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: