お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年08月24日

「栄養と喜びの経験・体験」と「ファストフードと経済活動」と「栄養学と意味と大切なこと」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

fdmoの日記
「暑い季節」と「水を飲むと噴き出す汗」と「丁度よい」と「不食と栄養学と科学」


そもそも現代科学・学問での検証・訂正は日常茶飯、そ
れこそ常識。

仮説〜検証〜訂正の繰り返し、その積み重ねにすぎない
ものが科学・学問。




栄養は栄養に過ぎない。
ひとつの要素に過ぎない。

それもこの肉体を保持する・している何千・何万という
要素の中のひとつ。

その中に大切でないものなんてないけれど、それよりも。


そうして食べるという喜びの経験・体験に価値がある、
生きている今感じることに意味がある。

そんな気がしています。




二三口噛んだだけで丸のみしたり。

流し込むように手早く食事を終わらせるファストフード
だとか。


…それはつまり。
食べるという体験・経験よりも、時間を大切にした考え
方・生き方。広い意味で言えばそれも経済活動。




栄養学の発展、信奉は噛むことの軽視になっていやしな
いか?
食を機会を命を人生を軽視している、その象徴とも言え
そうな…。


生きる意味・食べる意味を取り違えているような。
大切なことを蔑ろにしているような。



…そんな気がしていますが、無知な私では何もわからな
いのです。

わからないけれど、今も私はお水をおいしく頂けていま
す♪




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 16:06| 静岡 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: