お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年08月23日

「幸と不幸」と「鏡合わせと虚像」と「出来事と主観」と「判定と調味料」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不幸なこともありました。
でも今私は幸せです。



人に嘘をつかれてしまったこと。
約束したことを守っていただけないこと。
人の言葉に騙されてしまったこと。


さびしくやりきれなく、寂しさを感じる瞬間です。


でもその時、でもそれは。
今この社会の一員として立場を享受している、できてい
ること。
ひとりの人間として、自覚・尊厳・意識を持てているこ
と。
その証明にもなります。



幸・不幸も表裏一体。
それは鏡合わせ。
求めたところでそれは虚像。
さらに果てしなく際限なく続いていくもの。




そこにあるのは出来事だけ。
幸いである・幸せだとか、不幸であるだとか。その判定
を下しているのは他ならない私の主観。




つまりその瞬間、私はそこに私自身を感じ取ります。
それは間違いなく幸せな瞬間です。
その判定など調味料にすぎません。



不幸なこともありました。
でも今私は幸せです。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 10:33| 静岡 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: