お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年08月18日

ごみ出しルールに思う受容とありがたさ

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

moyaの日記
「くまなく展開する現代人間社会の素晴らしさとありがたさ」と「ごみの出し方が違う」と「責任と自覚とぬるさ」

新しく生活環境をいただいている住所地のゴミ出しルー
ルが云々。

ゴミ袋には住所・氏名記入欄があって、ごみを出す人の
自覚云々。

いろいろ思ったりしていましたが。


今までとこれからも住む住所地の指定ごみ袋をふと見て
みたら、そこには住所・氏名の記入欄があったのでした!

幾度となくごみを出してきているけれど、住所・氏名な
んて今まで一度も記入したことない!



今回の件がなければ、私はそこに記入欄があることすら
知らずにいたのかもしれない。

でもしっかりきっちり回収してくれている。

今この社会のありがたさ。


記入欄の存在すら知らない。
そんな程度の認識で自覚を問えるはずもない。

何がぬるい・誰がぬるいって、私が一番ぬるいのかもし
れません。
(−−;


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 16:39| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: