お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年06月25日

「Yahoo!ニュース」と「ときめき続けるシニアたち―――70代からの愛と恋」と「BuzzFeed 」と「「男女の友情は成立する?」 心理学者の納得すぎる答えがこちら」と「一石三鳥と劇中劇」と「両性識有」

足るを知らず貪欲に求めるだけ。
男も女も変わらない。


Yahoo!ニュース
ときめき続けるシニアたち―――70代からの愛と恋


若いころのそれとは違う、いたずらに欲するのではなく
互いを尊重し合う意思。そこに成熟、円熟を感じますが。
特定の対象を求めることが人間らしさであり、人間くさ
さでもあるのかもしれません。


もっぱら性的な欲望の対象として女性を欲し求めていた
時期もありますが。ww
人間的な憧れにも似た要求を同時に常に持っていました。

しかし変わらないとわかってしまった今、およそ要求が・
求めることがなくなっています。
今を享受するだけです。


男と女、未熟者どうし求め合っても慰め合いにしかなら
ないのではないか。
補い合い助け合うのは美談だけれど、その視点は低くは
ないかと・その意識は低くはないかと気になってしまい
ます。


そんな欲望諸々は何のため…思ってみれば、それはおよ
そ感情の源泉に過ぎないのではないかと。
生きていくうえで必須なもの・なくてはならないもの、
それはそもそもすでに用意されている!(足りない状況
を作り出している、それも人間の業というもののひとつ
か)



異性を求める欲望は感情の源泉になると同時に生命維持・
存続になり、さらに経済活動にもなるという!
一挙両得どころかまさに一石三鳥!


一石三鳥はいいけれど、それはまさに幻影・夢のごとし。

生殖活動だから・経済活動だから・自己実現(のひとつ)
だから
…否定する由もいわれもつもりもありませんが、劇中劇
のような絵空事・虚像と感じたりします。


求める必要はそもそもこれっぽっちもない!
メガネを頭にのせた人がメガネを探していたりするよう
な、非常に滑稽な情景であることを感じます。


BuzzFeed
「男女の友情は成立する?」 心理学者の納得すぎる答えがこちら


友情と(恋)愛(感)情の線引きを求めるのは人間の都
合であり、性愛は単に生物的都合であり、加えてそこに
契約(結婚)を絡めるのは社会的都合に過ぎません。



現実と区別がつかないほど夢中になって見る映画。
きっとそんな幸せな瞬間でもあるのでしょう☆



両性識有137ページ
男女間・異性関係で考えるなら…男だからというだけで
我が身を省みず女に求めたり、女だからというだけで我
が身を省みず男に求めたり。もしかしたらそれってすっ
ごい失礼なことをしていない?


両性識有145ページ
千変万化・生々流転・川の流れは絶えずしてしかももと
の水にあらず…、人は変わるものだということをわかっ
ていてひとりを選び生涯愛するだなんて…、そもそも人
を選ぶという行為が不遜な気がします。(そのセレモニ
ーが持つ経済活動としての有効な一面は否定できません
し、資産形成を考えた時にその契約はとても有効な手段
だとは思いますが。ww)

 結婚されてから本当に友だちっぽくなることができた
異性の方もいらっしゃいます。
 結婚前は(その関係が友情に発展する以前に)、結婚
相手としての資格の有無があったのでしょうか。意識・
無意識知らないけれど。「結婚」といわれる制度、私た
ちの心にふか〜く刷り込まれているようです。

 その愛が受け入れられるか否か、結婚するか否か、老
後を一緒に暮らせるか否か…。階層の違いだなんだと、
年齢差がどうだと…。そんなに条件が必要なほど自信が
ないの?子育ての都合だ…社会制度の都合だなんだって…
、例えば結婚という「制度」を煩わしく感じます。その
「契約」には「お金」や「家」など、象徴的なものが多
数絡みます。


 それぞれがそれぞれを尊敬し、無私に相手の幸せを願
う者どうしが一緒にいるのは自然なこと、変化に伴いそ
のベストパートナーが変わることもまた然り。

「何があっても一緒にいる。自らの自由を喪失すること
に臆せず、家庭を守り子を育て、幾多の風雪を乗り越え
て生涯添い遂げる」
 moyaの想いは、そういう素晴らしい方々が多くいらっ
しゃることへ甘えたものでもあります。しかしそこに息
苦しさを感じ、嘆く方も多くいらっしゃいます。

両性識有137ページ
…それじゃあ…って、他人に求めるのではなく自身に求
めた結果でもある女装・女性化。



まだまだ知らないことのほうが多いmoya、だからこそさ
まざまな有象無象相対事象を感じたいと思っています。

2種類の性、古来さまざまな物語が語られ、これからも
永遠のテーマとして語られていくのでしょう。どちらも
が併せ持つ一側面、何が違う・どこが違う・そこが違う
…違いを強調して意識するのではなく、その違いを楽し
めたら素敵ですね。

同138ページ
好意を寄せる異性がいるのは素晴らしいこと。そんな恋
心・意識・意思はどこから生まれているのか?
社会的な打算として?
肉体の生殖本能として?
つまりDNAの自己保存本能?
征服欲・所有欲…つまり我欲?
存在承認の要求…我欲か?
或いは?…
好きも嫌いも人の縁…なんて思いつつ、その御縁の由縁
を思うと…。なんだか百年の恋も冷めてしまいそうな、
オママゴトみたいな気がしてきちゃいます。



男性女性問わず…「人を好きになる」という、その感情
こそが宝物だって。

同141ページ
そう考えるなら、やっぱり今のここはひとつの仮想現実
で。今ここで愛と表現されるものを理解し実践し満喫す
るための機会で。


同143ページ
生きることは愛すること、それは何よりの自己実現。

同145ページ
そもそもそれは手段のひとつであって、どちらが正解
・正しいのでは決してない。幸せの総和が最大であるこ
とを願い、ベストを尽くしていく。近視眼な評価は無用。
 それしかないし、moyaはそれしかできません。

野暮に誓いを立てるまでもなく、moyaはあなたの幸せ
を祈り、愛しています。

両性識有 [ 望月泰宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料)




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 00:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック