お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年06月24日

「知識欲と神」と「グチる余裕と生きている自覚」と「見逃される山積みギフト」と「劇中劇と手段と目的」と「酔狂なハイブリッド」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

知識とは、神の意志を理解すること。か。

今ここを生きるための手段・情報に過ぎないものがその
大半とはいえ。

そもそもの知識欲とは、神への憧れが背景にあったりす
るのかもしれません。



どのようなことであれ、そのこと自体に意味はない。

どのようなことであれ、それを知ることにはさほどの意
味もない。



そこに意味を付け、喜び嘆き悲しみ畏れるのは自分。

そこに意味を付け、喜び嘆き悲しみ畏れるのが人間か。




その嘆き悲しみの発露として愚痴という行動を取る人、
グチる人も少なくありません。

それはそれで良いと思うのです。

もったいなく思うのは、「グチる人にはグチれるだけの
余裕がある」その自覚がある人が、その幸せに気が付い
ている人がおよそいないこと。




生きる…その素晴らしさが解ってきた気がします。

生きている…ただそれだけで、そこには素晴らしいギフ
トがいっぱい!

山積みに用意されています!!

ただそれに気が付くか否か・受け取るか否かはひとりひ
とりそれぞれの自由。




それがわかってきたその時には素晴らしさのなかで生き
ることよりも仕事・生きるための手段に追われてしまい、
生きている時間・せっかくの素晴らしいギフトの大半を
捧げてしまう・逃して・見送ってしまう、そうせざるを
得ない不条理。(苦笑




劇中劇・中劇・中劇…

手段が目的になり・そのための手段がまた目的になり、
手段の目的化・手段の目的化……



今この世界を見ていると、それが日常であることに気が
付きます。

それは物語・手段のハイブリッド?ですか?ww


無限にも思える多層構造。

酔狂なものです。



というそれもこれも実はギフトであり、さらなるギフト
がその先に用意してあるのかもしれません☆



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 18:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック