お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年06月12日

「焦げついたお金とポジション」と「断ることもまたご縁」と「欲と善意と悪意」と「相対基準と意味と価値」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貸したお金が焦げ付いている方々。

その貸したお金とは、その人の欲望に使われてしまった
ことに他なりません。



その人自身が消化しきれなかった欲望、それを背負いこ
んでいる今の私。

そうした共通項がある気がします



人の欲望・欲深さを強く感じることが出来るこのポジシ
ョン。

ありがたくも、損な役回りであることも感じます。




 〜断ることもまたご縁〜

今それを受け入れることができるのなら浅慮に判断せず
ご縁を信じ受け入れるべき。

そんな思いがありましたが、そればかりでもないようで
す。



強かな人間の欲望。

それに過ぎないことも多々。


私が付き合ってしまったものこそ、そんな強かな人間の
欲望であったのでしょう。




故意・意図的であろうとそうでなかろうと、その結果を
他人に背負わせている時点でそれは確信犯であり、悪意
のごときもの。



人には悪意がある。


それを今の私は悪と判定している?

つまり善悪という相対基準から?

その価値や私自身を導き出そうとか?


それを確認できたことにどれほどの意味が・価値がある
のですか。




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック