お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年04月30日

「キリストの十字架」と金銭貸借と「人々の節操と自覚と期待」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キリストは私たちの十字架を背負った…


などともよく言われていますが、キリストに十字架を背
負わせて人々は改心したのか。

贖罪意識も結構ですが、そうしている間に(そのキリス
トの心遣い・意図を汲み取るのなら)自らの十字架へ思
いを寄せ改心・改善するほうが大切ではないかと。



…なんて思いもするのですが…。


お金を貸して焦げ付いて、やむを得ず分割返済対応中な
かたがた。

今日は2017年4月の末日ですが、4月分を4月中に
振り込んでくれた方はひとりだけ。

それも「始終遅れるNK氏」が珍しく当月中の入金して
くれたという、イレギュラー感のあるもの。



聖書の時代…有史以前から変わらないようです。


ついでにこれも!ついでにこれも!

大変だと思うけど…私の分の十字架、もうひとつくらい
背負ってもらっても変わらないでしょ♪

そんな発想をする人々、自分に甘え人に甘える。
その節操のなさ。



複数の人にお金を貸している現在、それこそまさにその
かたがたが持つべき十字架の一端を背負わされていると
いうこと。

人に背負わせたまま…返済も連絡もないまま何年も経つ
人。
キリストへ背負わせた…でも、そのキリストを目の前に
しても十字架を持とうとはしない。
そんな人々の姿が重なります。


人々の自覚を期待したいと思うのですが、どこをどう解
釈したら期待できるのか見いだせずにいます。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 20:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック