お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年04月26日

「味わいつくせないほどの醍醐味」と「本質を問いかけ続ける意識を忘れず」


〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食事することの・その機会の・その命を頂くことの、そ
の稀有さ・そのありがたさ。

fdmoの日記
「一汁一菜で必要十分」と「味わい深い」と「命へ向き合う真摯な姿勢」と「空恐ろしさ」

それをとても強く感じる今、食事にはとても時間がかか
ります。


「生きる」「生きている」
純粋に存在を享受し楽しもうとする今この機会。

寝食・衣食住・睡眠…
基本要素であると思われるそれら、それだけで味わいつ
くせないほどの醍醐味があり、1日24時間はあっとい
うまに過ぎてしまいます!


現世的なあらゆる欲望はおよそその手段に過ぎず、食に
例えれば味付けに過ぎず。
つまり手段に他なりません。それが目的や本質ではない、
どうでもいいこと。


生きるという手段、そこに派生・発生するあらゆる手段
が目的化しているような。

本当に必要なものとは?その目的とは?
そもそも…???


もうすでに本質を忘れてしまって久しいような気がしま
す。

ですが、それを求める意識を忘れずに問いかけ続けてい
きたいものです。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 11:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック