お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年03月02日

「怒りという感情」と「視野の狭さと近視眼さ」と「広さと奥深さ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「自ら求めることもまたご縁」

なんて思い至ることができましたが…。

怒りを覚えるご縁もあります。


そこに自らの至らなさ・狭量さを感じ見出したりするこ
ともできますが、その感情に駆られている最中にはそれ
どころではなかったりして。


怒りの感情に駆られ言わなくていいことまで言ってしま
ったりすることを理性で抑えようと…その管理下に置き
たいと思い、「アンガーマネジメント」を願う人は少な
くないようです。


理性に頼るまでもなく、世間や今この世界の広さや奥深
さ…そして、そこで今ここに認識している私のはかなさ・
ちっぽけさ・矮小さを思えば、怒りなど自身の視野の狭
さと近視眼さを明かしていることに過ぎないのではない
か。


そう思ってみれば怒りの感情とは恥ずべきものであり、
増してそれを行動にして表現するなど恥ずかしくてたま
らないものである気がします。
そして私はおよそ怒ることはなくなりましたが…。


でも怒りの表現は世間に広く多く見出すことができ、そ
んな恥ずかしさを感じるなど・そんな自省意識などない
のが普通であり。

それもまた由なのかと・今ここに在る輝きのひとつなの
かと、今ここの広さと奥深さを感じたりもします☆


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 12:08| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック