お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年02月19日

自己PRの矛盾

就職面接に、昨日18日横浜へ行ってきました。

就活する中で自己PRをすると…ひとりでやってこれた
ことのPRになってしまい、〜その経験を生かしつつ多
大な貢献ができます〜とは受け取られにくいのだと知る
ことになりました。


当社が採用したとしても、また数年のうちに辞めるので
はないですか。本当に続ける気・続けていく気はあるの
ですか。

…もちろんそんな物言いではないけれど、決してストレ
ステストなどではなく、その経歴から得る率直な思い。
それを頂いた質問から感じ取ることができました。


そんなすぐに辞めるつもりで求人へ応募しているわけが
ない。
今の本音であり、過去の就職活動・転職時にもその本音
に嘘はありませんでした。
しかし今その時にベストの選択を…そう心掛けてきた結
果が多くの転職歴になっています。


そうした中でそれなりの結果を残してくることはできま
したが、それをPRされても穿った見方をせざるを得な
い。それをPRすることは一種の究極の選択となってし
まいますが、いい年齢な私に対するものとして
「今までどんなことをやってこられたのですか?」
とは当然な質問であり、それを濁すわけにもいきません。


それぞれひとつひとつは納得できる理由があったとして
も、回数の多さがすべてをマイナス評価に持って行く…
PRするほどに不安をあおるような矛盾となってしまっ
ているようです。

「そうして勤めに出なくても、いろいろご自分でできる
のではないかと思うのですが…」
採用の意思をみじんも感じることができない言葉。
それが自然と漏れ出る心情・気持ちとは、半ば感心し半
ば呆れているのではないかと察してしまいます。


「結果についてはまたご連絡します」
と(大人な社会人どうし?)和やかな雰囲気で面接を終
えることはできましたが、またも色よい返事を頂けるよ
うな気がしないことになってしまいました。


採用意思を示して頂けた派遣の製造業、そこへの気持ち
が固まっていくのを感じます☆

2017-02-18横浜ランドマークタワー'.jpg
画像は現地になった昨日の横浜ランドマークタワー☆

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 17:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック