お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年01月25日

「困ることの押し付け合い」と「日本的風習」と「欲望の押し付けと偽善」と「素直がいちばん」と「有名無実」

「困ります!受け取れません!!」
と言って同じマンションに住むNさんが、私が用意し母
に託し母がNさんに手渡したお見舞いの志を返してこら
れました。


Nさんからは以前にお見舞いの品と志を頂いたことがあ
ったので、今こそそのお礼とお返しを…と思ってのもの
であったのですが、その気持ちを受取れないということ
の理解に苦しみます。


「そんな!こちらこそ困ります!」
と言いつつ受け取り拒否しようとしたのですが、無理や
り置いて行ってしまいました。



なぜ人は「困ります!」というものを押し付け合ったり
するのでしょう。
それが心遣いであり(日本的な)風習・習慣・伝統様式
であるとは理解しているつもりですが、目の前で困って
いる人がいる…それを見て見ぬふりして自己満足・欲望
を満たすために自分の欲望を押し付ける。

そうして思うと偽善のようにも感じてしまいます。




人の厚意であればそれを素直に受け止めることが互いの
満足に・喜びにつながる。双方よし。
…ではないのでしょうか。


「素直がいちばん」とはあちこちで様々な場面で言われ
ることと思うのですが、それもまた有名無実である気配
を感じたりしてしまいます。

やるせない風景です。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:04| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック