お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年12月30日

「moyaの日記「性」と「魅力」と「更年期」と「四十にして惑わず」と「わいせつ容疑逮捕」と「訃報:安達智次郎」と「自らを映す鏡」」と「かわいいは正義」と「ひとつの要素に過ぎない」と「現世的な人間の都合の相対評価」と「輝きは星の数」と「青い鳥はいつもすぐそこに」と「両性識有」

moyaの日記
「性」と「魅力」と「更年期」と「四十にして惑わず」と「わいせつ容疑逮捕」と「訃報:安達智次郎」と「自らを映す鏡」

かわいいは正義だけれど、それはひとつの要素に過ぎま
せん。
その要素とはつまり、相対評価要素のひとつ。
それ自体には何の意味も価値もありません。


そこに価値を見出し、価値をつけるのは私たち人間の仕
業。
そして、もっと味わい深く醍醐味深いものが人生にはい
っぱい用意されています。


それは山のように・砂浜の砂粒のように・星の数のよう
にたくさんある相対評価要素のうちのたったひとつとい
うだけ。

しかもさらに「何のための相対評価?」…なんてそうし
て考えてみると、それは純粋に現世的な人間の都合に過
ぎないことに思い至ります。


最近…
かわいいというだけでは物足りなく感じてしまうように
なった私がいます。

もっともっと味わい深く醍醐味深いものが人生にはいっ
ぱい用意されています。

輝きは星の数☆
青い鳥はいつもすぐそこにいます。

両性識有155ページ
かわいいって正義ですね♪

同123ページ
女性は年頃になると花開くように輝きます。その輝きは
見るものすべてを魅了します。
moyaが女装・女性化するのも、そこへの憧れに他なりま
せん。
しかしそうして輝く時期があることで、加齢による影が
より強く意識され、自身に寂しさを感じたり。そういう
言葉を投げかけられ理不尽な不愉快を感じることもある
でしょう。
それにこども・出産を思う時、女性は年齢を考えないわ
けにはいきません。年頃になると、毎月女性であること
を自覚させられます。人としての自覚と限りある時間、
それは少なくとも男性以上に意識させられることと思い
ます。
男性は女性ほどの輝きを見せる時期はないけれど、そん
な理不尽な寂しさを強く意識することはありませんし、
ホルモンバランスが崩れることもありません。加齢とと
もにより輝いていく方は男女ともにいらっしゃいますが、
男性にはより多くそれを見出すことができます。

同151ページ
そもそも自由自在に在るのなら、…万象に見る相対評価
なんて、スパイスのひとつみたいなものなのでしょう。
優勝劣敗…。なんにでもランキングをつけたり、勝った
の負けたの小賢しい、相対評価をそこまで気にするって
どうなの?無邪気にそれを楽しむのも微笑ましいけれど、
そんなことをしている間にやっておきたいことがあった
んじゃない?それにその相対評価はたまたま辿り着いた
ひとつの結果、つまり幻想にすぎないこと。

マズローに尋ねるまでもなくいろんな要求はあって、い
ろいろ追い求め続けているけれど、どれも些事に過ぎな
い。
異性を求める本能(?)だって、自分と違うから求めて
いるのでしょう。
でも初めから何も違わなかったのですね、外に求めるこ
とはなかったのですね、たまたま違う役割を「演じ」て
いただけ。
「成長だって同じこと、人が社会が経済が…成長発展し
ていく。それは微笑ましく喜ばしいけれど、それも相対
評価から得たひとつの結果…、つまりそれも幻想に過ぎ
ない。
永遠の未完成だと思ってる?
常に完成しているでしょ。ww

今に満足することなくより良きものを求める向上心、そ
れはより良き未来を想像し、より良き未来を創造する、
そのエネルギーの源泉。
しかし今ここに在る奇跡を思えば、相対評価を気にする
までもなく、今の否定など意味がありません。より良き
未来を目指した思いと行動、そこに失敗は存在しません。
すべては経験、より良き未来への道のり。

同154ページ
人に求めすぎてしまったmoyaを感じます。何も求める
必要はなかったのでしょう。
目に映る諸行は無常なもの、何もしがみつく必要はなく、
それを受け入れるだけだったのですね。

同155ページ
結局なんでも「求めている時が実はいちばん幸せ」…つ
まり今健やかに在ること、そのありがたさがいちばんの
幸せなのかもしれませんね。
願わくば皆がもっと自由に在りたいものです、「考える
葦である」ごとくに。「真剣」に「惰性」を生きる…。
なんかそんな心境です。

同153ページ
足るを知ること、そこにいる青い鳥に気が付くだけ。在
るがままに、何も気負うことなく。


両性識有 [ 望月泰宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料)




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック