お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年12月01日

「エージェントと沈黙の間」と「今ご紹介できる案件がありません」と「キャリアとしての介護職」と「常識的な判断をもっと大切にしよう」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エージェントのかたとお会いしてきました。

興味深そうに話を聞いてくださるのはさすがというべき
でしょうか。


心地よい緊張感と共に、澱みなく会話のキャッチボール
をさせて頂いたのですが。

経歴と、過去の転職理由・今回の就職活動のきっかけな
ど…その程度なら想定するまでもなく…事実をそれなり
の言葉に変えて応えていたのですが、「あなたの長所は
なんですか?」と聞かれた時…完全に答えに・会話に詰
まってしまいました。

「長所でなくても、例えば短所はなんですか?」なんて
助け船を出して頂いたりもしたのですが、1分?2分…
?沈黙の間を作ってしまいました。

まだまだ修行が足りませんね;


一対一の会話で都合二時間ほど。
頂いた答えは「今ご紹介できる案件がありません」。

沈黙の間が空いたというだけじゃなく。豊富な職歴があ
って、それぞれそこを辞めた理由があり、そうすると同
じ職種のお仕事を紹介できるはずもないから紹介できそ
うなお仕事がないということもあるようで。生活が軌道
に乗った頃=仕事に慣れたころ、また辞めてしまうので
はないか…そうした懸念を抱かせるのに申し分のない職
歴でもあったりします
そうして経験してきた仕事がまた特にキャリアを求めな
い職業ばかりなんですよね。それはつまりたいしてキャ
リアにならない職業ばかり。
自分の首を絞めてしまっていたようです。


せっかくのご縁・機会・チャンスを生かそうと、自分の
可能性を活かそうと自分をストイックなまでに追いつめ。
そんなストイックは私だけで十分…周囲にはそれを求め
ず、求めるどころか受け入れる間口の・心の広さと余裕
を心掛けていました。
その結果が今私の長所のひとつである「まず怒ることが
ない穏やかな心の広い性格」と、今の私の社会的な待遇
になり、加えて複数人との金銭トラブルをも招いてしま
いました。



「ご紹介できるお仕事はないのですが、もし介護職も視
野に入れて考えて頂けるのならその限りではありません。
お気持ちが変わったときは改めてご連絡ください」

今この年齢から新たなキャリアを積もうとすることがそ
もそも無謀であり、それができる貴重な業界・職種であ
るキャリアとしての介護職。

そこまでの会話で「介護職は避けたい」と私は言ってい
なかったと思うのですが、モンスター高齢者を長年間近
に見てきた身として介護職は避けたい気持ちはたしかに
あり、それを会話の端々から感じられたのかもしれませ
ん。そして実際、その選択肢・介護職を選ぶ勇気が私に
はありません;


残された道が本当に数えるほどになっていることを感じ
ます。

…何気にエジソンの逸話を思い出します。
電球の試作に何十回と失敗していることを指摘されたと
き「ダメな方法を確認しているだけだ」と応えたとか。


そんな逸話云々ではなく、もっと地に足を付けた現代人
らしい生活をしてきたなら今この事態を招くことはなか
った。
それも間違いない、確かな話しです。


今私が為すべきこと…答えも正解もないその問いかけ。

「いちいち自分の心に聞いたりせず、常識的な状況判断
をもっと大切にしよう」と、「紛らわそうとせず、欲望
のままに(常識的に)異性を求めるのもそのひとつ」と、
昔の自分に言って聞かせたい;


…そうして今また困難な状況に見舞われて(困難な状況
を招いてしまって)いますが、未来への希望は変わらず
そこにあることを感じている私がいます。

今私は何をどうすべきなのか…


さしあたり明日は考えるまでもなく、査察に来る税務署
対応で一日が終わってしまいそうです;


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック