お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年11月14日

「猿山のボス」と「低次元世界で王者」と「自縄自縛が普通」と「自由自在な条件」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猿山のボスにしてくれると言っても、そこにいる猿の中
で一番偉い存在にしてくれると言っても、そんなの決し
て嬉しくない。

動物世界で・低次元世界で王者に君臨したとしてもうれ
しくない。

歩いている時にふと思い至りました。


今この相対指標に頼る世界で、偉くなったり〜たまたま
折り合いが良く選択に正解が続いて何らかの成功に至っ
たとしても、それはそれだけのことに過ぎない。

それ以上でも以下でもない。

猿山の例えはあまり適切でない気がしますが、言いたい
ことはわかります。


自らの欲望で不幸を生み自由を損ねている自縄自縛な人、
それがあまりにも多い…というよりそれが普通なようで、
とてももったいなさを感じます。

自由自在を享受するために必要な条件などないはずなの
に、そうはさせない人の貪欲さ。


切ない話しですが、きっとそれも醍醐味なのでしょう。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:40| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック