お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年11月12日

「和調味料の相性の広さ」と「日本語の相性の広さ」と「日本人の懐の広さ」と「セルフイメージ」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるの
ではないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに
改めて気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づ
く。年齢の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だから
こそ、まだまだ有象無象相対事象を感じたいという。そ
してわかる生きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・
存在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

fdmoの日記
和調味料の相性の広さ

そんな和調味料の相性の広さって、そのまま日本人の懐
の広さを象徴しているのかも?
…なんて思いがよぎりました。


相性が広いと言ったら日本の言語、日本語もそうだと言
えるかも。漢字とひらがなを駆使した独自表現に加えて、
カタカナを用いればとても広い対応力があります。
(日本語の中にはない音を使う言語も多くあるのだけれ
ど)


せっかくのその広い懐を自覚しないどころか、へりくだ
っているのか…自虐史観もそう、手本を外に求めるばか
り。



他国・他地域文化を吸収して自国文化に同化させる柔軟
性は類を見ない気がするし、八百万の神々がいる国なの
だし…。


多くの人がもっとセルフイメージを高めてほしいと思う
のは私だけでしょうか。


全体のセルフイメージが上がれば、今私がお金を貸して
滞っている人たちもそんなことはしなかったと思うし。
(ーー;


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:14| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック