お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年10月15日

横断歩道と心遣いと負担

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マチナカを歩いていて…横断歩道を渡っているとき、車
などの乗り物がその横断歩道の上を通り過ぎる…タイミ
ングが重なってしまうことがあります。


車であれなんであれ、その乗り物を運転しているのは私
と同じ人間・1人の人であり、私の存在によって他人を
待たせてしまっている…気持ちに負担を感じてしまい。
普通に歩く速度で普通に歩いていたいと思っているのに
、早晩小走りにさせられてしまいます。(そんな義務は
なく、気持ちの問題であるのは承知の上)



私が横断歩道の前半にいる時にその乗り物が後半部分を
踏み越えるタイミングだったりすると、そのままのペー
スで走ってきて走り過ぎてくれれば(私とその乗り物の
動線の)交点を乗り物ははるかに速いタイミングで余裕
で通り過ぎることができる、私も自分のペースで歩いて
いくことができる。

…だから前を横切ってとっとと行ってくれた方がうれし
いというのに…
横断歩道に人がいるときに横断歩道を踏み越え走り越え
ることは歩行者進路妨害として違反・検挙の対象になっ
てしまったりするのでしょう。
私が渡り始めたばかりの位置でも渡り終えるまで待つ、
そうした場面が増えてしまったことがやるせないのです。

まったく、無用の気遣い!
それを負担に感じる人もいるというのに!


さらに細かいことを言えば…そのままのペース・速度で
走り過ぎることが、燃費など様々な効率を考えた時にも
っとも無駄がない選択。歩行者を待つためにブレーキを
かけて…先に行かせた後で発進・再び加速する、明らか
に無駄な加減速は資源の無駄遣いでもあり。


そうでもしなければ本当に歩行者の目の前を横切るよう
なことをする危険なドライバーが少なくないとでも言う
のでしょうか。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 23:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック