お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年08月17日

「母」と「気持ちへの処遇がそれぞれに違う」と「希望を描き追い求め」と「感謝しつつ受け入れて」と「欲深く追い求める姿に餓鬼を感じたり」

〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性(生)の本質がわかるので
はないかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて
気づき、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢
の割に波乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだ
まだ有象無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生
きることの本質。「愛」の絶対価値。
流行りの女装ではない「人間とは?命とは?『生きる・存
在・在りかた』を考える」哲学の書。
両性識有/望月泰宏(Amazon

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

moya母のことを、moya兄弟もそれぞれに疎ましく思っ
ているような気配を感じます。


でも母には違いないのだから…

「接触を最低限に抑えて、極力関わらないで行こう」

「生きている間は家族としての関わりから逃れられない、
由とすべきことなのでしょう、腹くくって行こう」


疎ましく思ったその気持ちへの処遇がそれぞれに違うよ
うです。

それぞれに健やかに在るようです。



…似たような違いは社会にも散見できますね。



自らの立場に決して満足せず希望を描き追い求めていく
か。
はたまた、
自らの立場を由として感謝しつつ受け入れていくか。


成長していくのはおそらく前者なのでしょう。

では後者は無能なのか。


二元論な事柄ではないけれど、夢とか希望とか…欲深く
追い求める姿に餓鬼を感じたりもします。

それぞれが健やかに在る今この社会、本当にありがたい
ですね。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:11| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック