お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年08月14日

「陰陽という同じものの一面」と「娼婦」と「東洋経済」と「ハレとケ」と「両性識有」

そんな女性を「陰の存在」と表現すると否定的なニュア
ンスにも感じられてしまいますが、「陰陽という同じも
のの一面、その陰を“穢れ・ケ”を背負った存在」とな
ればその存在が欠かせないものという認識も添えられる
気がします。


そんな彼女たちを慰み者にして戦場へ・戦いへ・舞台へ
赴く男たち、「陰陽という同じものの一面、その陽を“
ハレ(ハレの舞台のハレ)”を背負った存在」となれば
その存在が欠かせないものという認識も添えられる気が
します。


命懸けの場面に立ち向かう時、生殖本能が活発になるの
は生物的に正しい反応なのでしょう。

生物的に正しい反応というだけで、慰みを求める弱い人
間…って、いつまで甘えているつもりなのでしょう。

女性・男性、それぞれがそれぞれに敬意を払い尊重した
なら、およそそんな子どもじみた恋愛ゲームや動物的な
生殖本能に支配されることもないと思うのです。


東洋経済
過酷な戦場を生き抜く「娼婦」の意外な実態


両性識有131ページ
良く聞くステレオタイプのひとつに「女性は陰湿・男性
は単純」というのがあります。
同性どうしの関係を思うと、特に同性の友人が喧嘩して
いる場面などを創造すると…。
心理戦・舌戦に対する消耗戦・肉弾戦であったり、その
ステレオタイプはある程度の的を射ているような気もし
ますその表現を変えれば、男性はハレの舞台=神輿の上
が似合い、女性は思慮分別に長けるということでもある
のでしょうか。
男性には“ハレ”の・女性には“ケ”の、相対的な世界
があるような気がします。

同124ページ
女性には自分の身を護るためにわきまえなければならな
いことがある…って、今さらながら気が付きました;
そこにもまた女性の不遇さを思います、何も悪いことを
したわけじゃないのに、なんでそんな寂しく哀しい思い
を味わわなくてはならないの?…って。

同155ページ
願わくば皆がもっと自由に在りたいものです、「考える
葦である」ごとくに。

両性識有 [ 望月泰宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料)




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:09| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック