お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年06月29日

女顔で出歩くと人目を感じます。男顔で出歩くと自由を感じます。

両性識有帯文&103ページ
「女顔で出歩くと人目を感じます。
男顔で出歩くと自由を感じます。」


女性には、人との関係性の中に自分を見出そうとする意
識が基本にあることを感じます。女性に扮して出歩くと…
そうしたアンテナが張り巡らされていて、日常的ではな
い異分子の気配を感じると、すかさず警戒しチェックが
入ります。
女性どうしでさえそんなチェックがあるのに、男性から
も異性としてチェックが入ります。女性という立場は人
目を意識せずにはおれません。そこには自らを由とする
意識が感じられません。


比して男性はそんなアンテナの感度は鈍いけれど、自ら
を由とし主体的な思考(=行動)を感じることができま
す。


男性・女性、両性の体験からそれぞれ行動規範の基準が
違うことに気が付きました。基準は違えど、そこに求め
ているのは喜びを中心とした感情であることは同じこと。
人は人との関係性の中に自分を見出し喜びを感じ取るも
の。
過ぎたるは及ばざるがごとし〜分をわきまえ自らを踏ま
え、関係に溺れずそこに囚われず、自らを見失わずに歩
みたいもの。


…そんな思いを詰め込んだ28文字。両性識有を通した
テーマでもあると思い、帯文に採用しましたが。

そんな意図などどこ吹く風。

…そりゃあ女装して出歩けば見る人は多いし人目を気に
するものでしょ、男が男として出歩けばそりゃあ自由で
しょ。当たり前でしょ。…


そんな解釈で思考停止してしまうのが普通である。
そのことを改めて理解することができました。

両性識有 [ 望月泰宏 ]
価格:1080円(税込、送料無料)




感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 22:54| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック