お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年04月09日

真多呂人形 五月人形 金太郎と伊達政宗兜飾り

株式会社ソキュアスさまから
真多呂人形「伊達政宗兜飾り」をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【 真多呂人形 】
今年も新年度が始まり、良い気候となって来ました。
桜の話題も少なくなった頃から五月人形のピークがやっ
てきます。NHKの大河ドラマが戦国時代の年には、兜
飾りのご注文が増えます。

毎年の事ではありますが、五月人形が売れ始めると、
【金太郎】と【伊達政宗兜飾り】が一番に品切れになり
ます。


また、五月人形のキットを今から作り始めれば5月5日に
は完成出来ると思います。
五月人形キット】現在八種類ご用意しております。

五月人形も毎年とても人気があり、既に完売している商
品もございますので、ご確認下さいませ。


5月5日は、端午の節句。
五節句のひとつなので大切に過ごしたい日です。

年中行事で重要な『五節句』。
その中のひとつである端午の節句は、江戸時代以降、男
の子の出世を願うお祝い事とされています。

端午の節句では、兜や五月人形、鯉のぼりを飾り、柏餅
を食べ、菖蒲湯に入る習慣があります。
これには、それぞれ意味があります。

★鯉のぼりは…
中国で言い伝えられている『鯉』が登竜門を登ったとい
う伝説から鯉には出世と健やかなる成長を願ってのこと。

★柏餅を食べるのは…
柏の葉は、新しい葉が出るまで、古い葉を落とさない事
から、家が途絶えずに続くという縁起の良いものとされ
ています。

★菖蒲湯は…
『禊(みそぎ)』の意味として、神事に従事しようとす
る者が川や海の水でからだを洗い清めることから来てい
ますが、湯に菖蒲を入れるのは、もちろん『勝負』の意
味もあると言われています。

昔から言い伝えられている事は、是非とも実践したいも
のですよね。
大事な大切な年中行事です。思い出深い2016年となり
ますようお祈りいたしております。

【「こどもの日」レシピ】
キッコーマン
味の素
ネスレ
クックパッド
クッキングノート


節句人形の正しい選び方を考えた事はありますでしょう
か。どこで購入したら間違えないか…は、大事なことで
すよね。
今は通販で何でも購入できる時代。
だからこそ、良い品を見定めたいものです。

真多呂人形では、ご購入頂いた方へ本当に喜んで頂ける
商品をお届けしたいと言う気持ちを込めて人形制作をし
ております。

お節句のお人形は、お子様・お孫様の身代わりのお守り
となる大切な人形です。
毎年購入しないからこそ、ご購入後のアフターケアまで
含め、お客様のご納得とご満足が一番と考えております。

どうか、お買い上げ後に後悔なさらないよう、必ず信頼
できるお店をお選びください。
人形づくりを続ける真多呂人形より、くれぐれもお願い
申し上げます。


真多呂人形
★★真多呂人形の節句人形は、必ず信頼できるお店でお
買い上げ下さい★★

ここ数年、大幅安値をうたう店で真多呂人形の雛人形・
五月人形をお買い上げ頂いたお客様から、届いた人形に
難があったというご報告が増えております。
悪質な格安店での保管方法や発送方法に問題があったた
め雛人形の手等が欠けて届いたり、「修理・交換は受け
付けられないと言われた」「値引きと言われたのに定価
だった」等のご相談をお寄せ頂いております。

節句人形は、一生に一度の縁起物です。
大幅値引きなどの宣伝に惑わされず、アフターケアまで
しっかりと責任を持つ、信頼のおけるお店でお求めいた
だくことをおすすめいたします。

真多呂人形公式ネットショップでは、全ての雛人形・五
月人形に、公式ネットショップだからこそできる安心の
保証をお付けしております。

人形引取供養割引サービスはコチラから

★。.:*:・"゜☆。.:*:・"゜★。.:*:・"゜☆。. :*:・"゜★
☆260年の伝統技法で、職人の丹精こもる逸品。
★雛人形、五月人形の「真多呂人形
★。.:*:・"゜☆。.:*:・"゜★。.:*:・"゜☆。.:*:・"゜★

「インターネットからの注文は実物を見られないから心
配…」という方も公式ショップならではの限定保証サー
ビスがあるから安心です!
ご購入後30日間は何回でも返品・交換が可能で安心です。
もちろん、送料は真多呂人形が負担します。

更に真多呂人形では50年間の品質保証、無料修理サービ
スをお付けしております。

★100%満足保証★
★その1★ 30日無料交換サービス
★その2★ 30日無料返品サービス
★その3★ 半世紀(50年間)保証サービス
★その4★ 無料修理サービス
安心してお買い物をお楽しみ頂けます。
posted by moya at 12:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック