お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年12月16日

「私悪くない」と女性と男性と自覚と両性識有

「私悪くない」と、事があったときに言い張ることがで
きること。それが行動の基準であることを感じる人がい
ます。

身近な人々から感じることが多いこと、それが切ないの
ですが。さまざまな形で御縁を頂く方々から感じ取れる
ことも少なくありません。

それはつまり言い訳の予防線を張っているのですが、そ
こに能動的なものなど望めるはずもありません。



そうして御縁を頂く無数の方々から感じるのは女性比率
が高いような気がしていました。保身・保全・守備行動
に走りがちな本能からの行動なのかな…なんても思って
いましたが。

お金を貸してそれが焦げ付いている複数の人たちもそう
なのですけれど…その自覚を疑いますが…さておき、ふ
と気が付いてみれば、「私悪くない」と保身行動に走っ
ている男性も決して少なくはありません。


女性はその気配を敏感に感じ取り最初のうちこそ必死で
なんとか取り繕おうとしますが、どうしようもなくなっ
たときには覚悟を決めたように受け入れることが多いよ
うです。それは視点を変えれば開き直り・居直りでもあ
ります。
男性はその気配を感じても天性の楽天思考で「なるよう
になるさ」と、その泰然ぶりに器の大きさを感じても、
どうしようもなくなったときには受け入れられずに最後
まであがくことが多いようです。


最初から最後まで自身の行動とその結果に責任を持ち往
生際を認め、自覚を持って潔く自身の責任を果たそうと
する気概。
それを感じることができる人は世代を問わず減っている
ような気がしますが…。
もしかしてそれは絶滅危惧種なのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜Amazon商品の説明「内容紹介」より〜
両性を体験してみたら人間や性の本質がわかるのではな
いかと思い立ったmoya。「男性」という幸せに改めて気づ
き、「女性」という楽しさと生き難さに気づく。年齢の割に波
乱に富んだ人生を体験した著者だからこそ、まだまだ有象
無象相対事象を感じたいという。そしてわかる生きること
の本質。「愛」の絶対価値。流行りの女装ではない哲学の書。


感謝します、ありがとうございます
posted by moya at 21:09| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック