お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年11月04日

御縁と魅力と興味と虚像と両性識有

結局…。
やっぱり…。
何も求めることはないということ。
最近はそれを強く実感する毎日です。




さまざまなかたがさまざまな形で御縁をくださいます。
極力素直に応えるよう努めてきていますが、素直に喜べ
る御縁ばかりでもありません。むしろ素直に喜べる御縁
のほうが稀だったりします。

それでも御縁には違いないのですが、付き合ってみれば
そのかたの欲望の発露に過ぎなかったりします。

…欲に溺れた姿…
そこへ哀れみにも似た愛を感じることができますが、立
っている地平が違うような気がして、男女を問わず人と
いうものに魅力を感じなくなってきてしまいました。




男性社会への興味が冷め…、男性の虚勢に虚しさを感じ。

女性の達観したような美しき佇まい。…その目には私の
見えてみないものが見えているのではないか…思慮深そ
うな女性に興味を覚えて女性化はしてみたものの…。

その本質はどちらも人間、男も女も変わらないのですね。
わかってみれば当たり前のことですね。ww

そして今、人間に対して興味が冷めるのを感じています。
私は私にこれから一体何をさせたいのでしょう。



虚飾と虚勢
つまり女と男。

虚飾…着飾ったりメイクにいそしんだり。
虚勢…より力のある人物像を演出したり。

「〜らしさ」など、「人から良く見られたい」意識から
の演出に過ぎません。
つまり虚像。



両性識有158ページ
博愛主義のつもりはないけれど、そこに相対価値なんてない。


感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 00:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 両性識有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック