お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年06月12日

幸せの新しいものさし/博報堂大学:PHPと両性識有


〜一足先に次の豊かさを見つけた11人〜

全体通じたキーワードは幸福感。



11本のものさし

競争…内輪競争でなく全体でお客様から最高の笑顔を引き出す心がけ
会社…五人のパートナーを忘れない「社員と家族・下請けと家族・顧客・社会・株主」
消費…生産者や流通含めその消費は幸せにつながるか

住まい…視野で広がる選択肢
寄付…一食ごとに一部を寄付する仕組み
学校…今につながる社会人大学
大人…こどもごころある大人の創造力
読書…あらゆる場所に持ち込むことができる喜び
子育て…シングルファーザーから広がる親子世界
感覚…視覚を遮って見えてくるもの
時間…時間とは宇宙の周期を落とし込んだもの


自分さえよければ…ではなく
全体として最大の喜びを得られる方法を考え
それを実践していく

決して自己満足で終わらないように、
逐次フィードバックしていく



2010年の本……ブータンのGNH国民総幸福量が話題のころでしょうか。

そのものさしはつまり生き方の指針。
教え示されるものではない、
自らに問いかけ続ける意識が大切ですね。



両性識有146ページ
そもそもそれは手段のひとつであって、どちらが正解・正しいのでは決してない。幸せの総和が最大であることを願い、ベストを尽くしていく。近視眼な評価は無用。



感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 17:33| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック