お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年05月25日

母と痴呆とケアマネージャーと交代

相変わらずの母。

自分の身の回りの事は自分でできているし、
独りで出歩くこともできているので
まだ大丈夫と思っていましたが…。


会話が繋がらないとか・
気分の浮沈が激しいとか・
被害者意識が強いとか…、
母が生来持つ自己中でお嬢様な性格かと思っていたら
それだけではないようです。




ケアマネージャーさんから
「それらはどれも痴呆のある人
によく見かけられる症状」
と聞きました。

デイサービスでも、新しく
利用し始めた人がいたりすると
母が意地悪くあたり、
そのせいで
「あの人がいるから行きたくない」
と言わせてしまうなどあった様子。

それも痴呆のある人に
よく見られる症状だそうです。
自覚のなさもしかり。




そうであるなら
…うすうす感じていた事ではありますが…
今の住まいへ2012年秋に引っ越して来る
その前から始まっていたと思われます。


一人で外出して一人で帰ってこられるし、
意味なく大声をあげたり、
徘徊・行方不明なこともないので
まだ大丈夫…と思っていましたが。




…春前頃に
「moyaと会話をしたくない」
言葉を受けて、
口頭で言葉を交わすことをすべてやめて、
病院予約日確認などの必要な連絡は
手紙・文書・書面で行うようになって数ヵ月。


短期記憶も弱まってきているであろう母、
口頭での会話は想像以上のストレスなのかもしれません。


何度でも反芻・繰り返し読むことのできる
手紙・書面でのコミュニケーション、
今の母に有効なのかもしれないと思ったりもしていますが。



自覚・改善を期待した母への言葉・声掛けも、
姉やmoyaが口頭で伝えれば疎ましがられ、
兄が書面で伝えれば感動したりしています。

潜在的に持っていた子どもの順位が出てくるのでしょうね。



数日前に姉へ誕生日おめでとうと電話をしたそうで。
姉の誕生日は来月なんですが、
我が子の誕生月すらわからなくなってしまったのか…。




先の短さを感じたりもします。
変に期待した言葉を送るより、極力不自由なく
好きなようにしていて頂くことしかできないのかな…
なんて考えています。




今日新しいケアマネージャーさんが見えました。
お世話になったケアマネージャーさんは
「口うるさい」と、母の要望で交代です。

そうしてかれこれ何人目になるでしょう。


今度は比較的若い男性のようなので
今は母はそれを喜んでいるでしょうが、
やがてエスカレートし「毎日来て!」なんて
言い出す母の要望に応えきれるわけもなく、
「応えてくれない!」と怒る母のエネルギーが
またそのケアマネさんへ向けられるのでしょう。

ケアマネさんが同じようにフォローしてくれていても、
それが女性なら「口うるさい」
それが男性なら「毎日来て」。

やるせないですね。





感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 17:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック