お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2014年10月23日

慰安婦とテキサス親父

ロシア経済ジャーナルからの記事を転載させていただきます。

欲張ってするのではなく、自分の身を守るため。
世間には欲深い方がいらっしゃる世間を歩くためには必要なことのような気がします。

正しいことは正しいと・間違っていることは間違っているとPRする必要があるのですよね。
神様はわかってくれているとしても、人には伝えないとわかっていただくことができません。


RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1117

                         2014/10/23


===========================================================


★日本を救う親日アメリカ人




全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!


北野です。



日本国民の「朝日新聞」への怒りはすごいですね。


日本に電話するとき、私はしばしば「朝日誤報問題」について質問
します。


すると、ほとんどの人が、「朝日はつぶさなければならない」といい
ます。


いままでほとんど政治に興味がなかった人もそういうので、とても
驚いているのです。




一方、朝日新聞の「歴史的誤報」。


なかなか世界へはひろがっていかないようです。



第1の理由は、「日本がそれを発信しないから」でしょう。


中には小池百合子さんのように、世界にむけて発信している政治家
もいますが、「例外」といってよいようです。

http://hec.su/ecK


(●必見です。ドンドン拡散していただけるとありがたいです。)




二つ目の理由は、世界の人がそれほど「慰安婦問題」に関心がない
こと。



三つ目の理由は、世界的に「加害者の日本人が何を主張しても信じ
られない」と思われていること。


これはなんでしょうか?


要するに、日本は「20万人の韓国人女性を強制連行し性奴隷にした
側」(と信じられている)なので、


「自分を守るためにウソをつくのは当たり前」


「だから信じられない」



と残念ながら思われている。


では、こんな状況を変えるにはどうすればいいのでしょうか?


「慰安婦問題」には三つの立場があります。



1、加害者(とされている) 日本

2、犠牲者(とされている) (主に)韓国

3、直接関係のない第3者 




加害者とされる日本が何をいっても信じてもらえない。


犠牲者とされる韓国は、全世界で反日プロパガンダをする。


日本が、国際世論を逆転させたければ、「第3者からの証言」が力
をもちます。


たとえば、AさんとBさんがケンカした。


Aさんは自分の都合のいいように、Bさんは自分の都合のいいよ
うに話すでしょう。


そこで、全然利害関係のない目撃者Cさんが、証言する。


Cさんは、AさんともBさんとも関係ないので、「これは信じられる」
ということになる。


では、「慰安婦問題」に関しては誰が「信頼できる第3者?」。


中国は、韓国と一体化して反日運動をしているので、ダメ。


アメリカは?


アメリカは、第2次大戦時日本の敵国だった。


だから、アメリカから、「慰安婦は性奴隷ではなく、ただの売春婦」という
証言が出れば、これはもちろん「信用できる」となる。


そんな証言あるの?


これ、あるのです。


米軍報告書1944年。


まず、動画をごらんになり、その後報告書をご一読ください。


動画は↓
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

報告書はこちら↓
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html




正直いうと私は、「慰安婦問題で勝つのは難しいな」と思っていました。


しかし、この報告書の存在を知って、「必ず勝てる!」と確信しました。


というのは、アメリカは、「自分たちが間違っている!」とは絶対いわな
いでしょう?


だから、米軍報告書について、「そのとおりだ!」と支持するにきまって
いる。




そして、アメリカの世論が変われば、欧州の世論も変わる。


欧米の世論が変われば、世界の世論が変わる。


米軍報告書1944年は、日本にとって、「原爆1000発分」に相当する絶
対的な武器なのです。


というわけで、皆さん、是非大拡散してくださるようお願いいたします。


この動画を見る人が一人増えるたび、日本の名誉は回復していくので
すから。



それにしても、この真実を、アメリカ人がせっせと拡散してくれてい
ることが、驚きです。


そう、動画に出てくる「テキサス親父」さん。


この方は、世界中どこにでも飛んでいき、日本を守るために戦ってく
ださっています。


先日も、とても驚いたことがあります。


こちらの記事をご一読ください。


【転載ここから▼】




<「慰安婦像は日本人を侮辱している」テキサス親父が市議会で発言

産経新聞 10月22日(水)15時2分配信


米カリフォルニア州グレンデール市の市議会で21日(現地時間)、「テキサ
ス親父」の呼び名で知られるテキサス州在住の評論家、トニー・マラーノ氏が発
言する機会を与えられ、韓国系団体の強い要請で設置された慰安婦像を批判した。



マラーノ氏は慰安婦問題で韓国側の主張を否定し、日本擁護の立場を取っている。


「慰安婦像は日本人の名誉を毀損している。侮辱している」。


マラーノ氏は慰安婦像設置に賛成した市議らを前に静かに話し始めた。


事前に届け出れば、誰でも意見を述べることができるパブリックコメント制度
を利用し、意見を述べる機会を得た。


この制度はグレンデール市民以外でも参加できる。


慰安婦像の設置を審議する際や、在米日本人らが慰安婦像撤去訴訟を起こした
際、韓国系がこぞって日本バッシングを展開するために利用した制度だ。


マラーノ氏がグレンデール市を訪れることは非公表だったため、反日的な韓国
系住民の姿はなかった。


「あなたたちの目的は尊い」。


市議らに向かって、マラーノ氏は言った。


「だが最近、韓国で新しい慰安婦のグループが、自分たちの政府に1950年
から1992年の間に強制的に慰安婦とさせられたと言っている。

グレンデール市は、日本や、日本の人々に対し一貫性があることを表明するチ
ャンスだ」


朝鮮戦争以後、在韓米軍基地周辺で米兵を相手に売春をさせられたと主張する
100人以上の韓国人女性らが今年6月、韓国政府に賠償を求める訴訟をソウ
ル中央地裁に起こしたことを引き合いに出し、続けた。


「今ある慰安婦像が、日本を侮辱する目的で設置したわけではないということ
を証明できる。

この新しい慰安婦のグループのために2つ目の像を考えたらどうだろうか」


グレンデール市の慰安婦像の横には、像の説明として「20万人の女性が」
「日本軍に強制的に慰安婦にされ」「セックス・スレイブ(性奴隷)とし
て」などと記されている。


これは韓国側の主張だ。


グレンデール市がこれを“歴史”として認めるならば、在韓米軍の慰安婦も同じ
ように扱わないと不公平だ、と言っているのだ。

マラーノ氏は「今ある慰安婦像のとなりに大理石の記念碑などを設置すること
をすすめる」


不思議なものだ。


在米日本人らが、慰安婦像について反対意見を述べると、「もっと歴史を学ばな
ければ」「なぜ、過ちを認めない」などとヒステリックに反論していた市議らも、
マラーノ氏には何も言わなかった。


米国世論に、日本の立場、日本の主張を説明することがいかに重要かを示してい
る。


慰安婦像設置に賛成した市議らは、マラーノ氏の話を聞き終わると、「サンキ
ュー」と述べた。


設置に唯一、反対した市議は「あなたの名前は」と改めて聞いた。


発言を終えたマラーノ氏は「少し緊張したかな」とホッとした様子だった。>



【転載ここまで▲】




どうですか、これ。↑


私は、テキサス親父さんへの感謝の思いで、泣けてきました。



<不思議なものだ。



在米日本人らが、慰安婦像について反対意見を述べると、「もっと歴史を学ばな
ければ」「なぜ、過ちを認めない」などとヒステリックに反論していた市議らも、
マラーノ氏には何も言わなかった。>



これなんですよね。


「加害者」と思われている日本人が何をいっても聞かない市議たち。


彼らも、同じアメリカ人であるテキサス親父さんのいうことには耳を
傾ける。


まさに、テキサス親父さんは、「日本の救世主」といえるでしょう。



しかし、日本人として、「テキサス親父さんがんばって!」と応援して
いるだけではダメでしょう。



私たちもできることをしていきましょう。


たとえば、


米軍報告書1944年。


動画は↓
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

報告書はこちら↓
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html



この動画と報告書を、メルマガ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなど
で拡散することは誰でもできます。


そして、これは韓国の大ウソを信じている世界の人にとって、大変「衝撃的
な内容」。


与えられた武器をおおいに活用し、テキサス親父さんに負けず、日本の国益
を守りましょう。


なにとぞご協力お願いいたします。


RPEジャーナル
北野幸伯





==========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358
posted by moya at 19:11| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック