お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2014年10月02日

生活保護

貸したお金が返ってくるめどが立たなくて・インターネットからの収入もまだ不透明で、まだ何とかなるけれど真綿で首が閉まってきている気がするので、区役所で生活保護について聞いてきました。

審査員が訪問して資産状況・債務状況を確認して、第二親等親族へ連絡して援助ができないか確認して、その上で問題がないとなって初めて生活保護給付になるそうな。

期間的に見て、申請が出されてから給付決定まで約一か月。

生活に余裕があったら生活保護を支給できないのはもちろん、金目のもの・資産になるものがあっても支給できないようで…そこで持家の人は除外だから賃貸生活かホームレス生活をしている人でないとならないよね、本当にせっぱつまって来月の家賃を払えないのはもちろん食べるものすらない…そこまで追い詰められた人かどうかを確認しに来るのが審査員。

そこまで追い詰められて支給まで一ヶ月待たされるなんて、首の皮一枚で待たされる気分ですね;




意外だったのは債務・借金があったら生活保護って出せないのですね。

生活保護給付を借金返済に充てられたら意味がない…のもわかるのですけど、生活がのっぴきならないからこそ借金があって・借金があるからこそ生活がのっぴきならない状況に、生活保護を申請する人って追い詰められているんじゃないの?

さっすがお役所仕事。



アルバイト情報誌をもらってきたmoyaなのでした。^^;

感謝します、ありがとうございます。



ラベル:役所 生活保護
posted by moya at 20:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック