お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2014年08月16日

憧れるほどのものじゃない

男でも女でも、一位でもびりでも、持っていても持っていなくても、資本家でも労働者でも、右でも左でも…。

対極に憧れがちだけれど、時には対極を全力で否定しようとするけれど、目指すところは同じで、どっちも同じなんだよね。


そのなかでも全力で否定しようとしているのは、今のそこでやれることをやりつくしていないことの証拠になりそうだね。

否定すら意味がない。


おかげさまでひとりおとなしくしている分には問題なかったはずなのに。

おかげさまでひとりおとなしくいさせてくれないし。


ひとりでいればひとりでいたで、関係性を求めてしまうものなのでしょうね。


感謝します、ありがとうございます。
ラベル:憧れ ひとり
posted by moya at 22:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック