お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2014年05月15日

となりの脅迫者/スーザン・フォワード 訳)亀井よし子:PanRolling

第一部 ブラックメールの発信と受信
第一章 エモーショナルブラックメールとは
第二章 ブラックメールの四つの顔
第三章 「FOG」があなたの考え方を曇らせる
第四章 ブラックメール発信者はこんな手を使う
第五章 ブラックメール発信者の心の中はどうなっているのか
第六章 責任はあなたにも
第七章 ブラックメールはあなたにどう影響するか
第二部 理解から行動へ
 はじめに いまこそかわろう
第八章 行動に入る前にー心の準備
第九章 相手の要求を分析し作戦を練る
第十章 決断を行動に移すための戦術
第十一章  総仕上げーあなたの「ホットボタン」を解除しよう


…なら、二度と子供たちには合わせない
僕を見捨てないでくれ、そんなことしたら、ぼくは死んだほうがましだ
あたしを助けられるのはあなただけなのよ…
きみさえ…すれば、いろんなことがうまくいくのに

四つの顔
1. 罰する人
2. 自分を罰する人
3. 悩み苦しむ人
4. 鼻先にニンジンをぶら下げる人

キーワードFOG
Fear恐怖心
Obligation義務感
Guilt罪悪感


戦術1.自己防衛的でないコミュニケーション
戦術2.発信者を味方に変える
戦術3.取り引き(等価交換
戦術4.ユーモアを利用する

「ホットボタン」=コンプレックス・トラウマ・抑圧感情(恐怖心・義務感・罪悪感

それは(あなたは)あなたの帰りを待っている




ケーススタディから、類別して原因と対応策・改善策を示していきます。


自分の喉に刃物を突き当てて「殺したくないなら言うことを聞いて!」
圧力をかけて相手の出方を見る・顔色をうかがう、自分の思い通りに事を運ぼうとする、子供じみた自己主張。
大声や沈黙で怒りを表現する人、それに動揺し怯えてしまう人。

本人にとってはそれが大事な武器であり盾なのですね。
不安でたまらないのですね。

脅迫される人も子供、強迫する人はもっと子供。
認められたい病、その症例のひとつなのでしょうね。

またそういった脅迫を、「私は耐えられる」と、即断しない勇気。
感情に溺れず、問題を見失わない客観視点。

感情の海の中で溺れてもがく人、そういった人への助け舟になるといいですね。

読了
posted by moya at 12:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック