お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2013年08月16日

美容院の法人体質にうんざり

近年、髪を伸ばし始めて以来お世話になっているEARTHさん。

静岡駅前店からご縁が始まり、中田店には開店当初からお世話になっています。
そんなお店で、Kさんが店長だったころ、


付き合う形で、いろんなものを買ってきました。
シャンプー・コンディショナー・ヘアスプレー・カラーチケット・ヘアドライヤー・ヘアアイロン・美顔器…
果ては家庭用エステマシンまで、いろんなものを。

物販だけで総額数十万にはなっています。
美顔器やエステマシンなんて、
一旦は自宅に持って帰ったけれど置いておく場所がもったいなくって、
またお店に持って行って
「お店に置いておいてください、伺ったときに使わせてくれればいいですし、
そうでない時はお店の備品としてお客様へ使って頂いても構いません」
なんてことまで言って。


髪の方も縮毛矯正からトリートメントから…毎回、髪の状態に関係なく
高額なメニューの組み合わせを提示してきて、平均二万円越え。

一軒の美容室にそこまでお金を落とすことに疑問を感じつつ、
そうしてきてしまったのは私の判断であり、私の責任。

私の責任だけれど、
お店の売り上げと客単価の引き上げに大きく協賛していたことは間違いありません。


そうしていたある時、お店に行ったら「店長は退職しました」。
へ?…あ、そう;

別にK店長と個人的に仲良くなりたいわけじゃないからいいのだけれど、
これほどお金を落としてきたのに一言も話してくれないなんてね。
本当にいいカモネギであったし、いいカモネギだと思っていたってことね。

これでせいせいするし。
もう余計なものを売りつけられなくて済むでしょ。


それじゃ美顔器やエステマシンを引き上げようかな、どうせ使ってないんじゃないの?…
と思ってお店に伺って聞いてみたら「しまっちゃってちょっとすぐには出てきません」だって。
やっぱりぃ?(苦笑

「moyaさん、私のハンドエステ・マッサージだけ受けに来ませんか?それなら500円でいいですし!」
受付の女の子が言ってくれました。

500円位ならまぁいいかな…断る理由もないでしょ…って判断して、
その場で予約して改めて伺ってきたのが13日火曜日。

頭を中心としたマッサージ、それは気持ちいいです♪
抱きしめるようにやってくれるマッサージ、後頭部に何か当たっています…おっぱいかな?
自分でも持っているとはいえ、男心に悪い気はしないものです。www


そのお店でそのエステマシンを使わせて頂ける機会はついにありませんでした。
エステマシーンと美顔器は探しておいてくれたようで、すぐに出してくれて
「今日持って行かれますか?」「もちろん」。


お会計の段になったら
「moyaさん、5,000円頂けますか?ごめんなさい!オーナーに話しを聞かれちゃって、
“それなら5,000円位かな”なんて言われちゃって…」

ぁーあ…受付の女の子は経緯を見てきているから申し訳ない思いからか何なのか
「500円で」と思わず言ったけれど、
オーナーにとっては変わらずカモネギのようで5000円になったってことかな。

それにそんなマッサージも(本部命令かオーナー命令かわからないけれど)
上からの指示でやってくれているんじゃないのかな?
色仕掛けなエサを撒いて男心を繋ぎとめようとするような…。

本部だって、顧客情報の中に残っている履歴を見れば
…個人客相手にこれは売り過ぎでは?
店長に課すノルマが過大なのか店長がその顧客に甘えているのか?…
そのくらい推測できるし、経緯はわかるはず。


使わないものを置いておくのもどうかと思ってエステマシンは引き取ったけれど、
持ち帰るつもりもない。
帰り道でHARDOFFに持ち込んでみたら
「肌に直接触れる商品で使用済みのものは買い取れないんです」。
めんどくさいので処分をお願いしちゃいました。ゼロ円です。

美容院に伺ったその日・その時は本当にキレイに仕上げてくれます、
自分でそのスタイルを再現できないというのは
そのヘアサロンが小手先技術でごまかしているということ。
本当に良い髪の状態へ仕上げてくれているのであれば、
大抵のスタイルは自分で容易く再現できそうだと最近思います。
髪の状態もいい感じで落ち着いてくれている今、
そのお店から足が遠のくことは間違いないね。



美容院とはいえ広域に何店舗も構えるような法人企業になると、
やはり法人体質になってしまうんですね、利益至上主義な。

雑誌等とタイアップしてイメージ先行すれば客足は途絶えない、
責任者・担当者を定期的に配置換えすれば責任の所在をうやむやにできる…。

みんな従業員である以上、
一人ひとりのお客様に対して一期一会な自覚やたずさわった髪に対する責任は持ちにくいのでしょう。
Kさんとも深くつながらない方がよさそうですし、
個人でやっている地元美容院を気長に探してみようかな。


来月発売する書籍の中で、連絡先まで記載して推してしまったことが悔やまれます。
でも今のmoyaに至る必要なステップを下さったことに間違いはありませんし、
それはまぁよしとするべきですよね。

メンバーズカードを今度返却してこよぉ♪

感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 11:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック