お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2012年12月02日

スタートライン〜一歩踏み出せば奇跡は起こる〜/喜多川泰:Discover

素直に嬉しさを感じる物語でした。


夢を持つ思春期の僕と夢を持つ思春期の私、パラレルに物語は語られていきます。

必然と思えるような出会い、でもどちらも喜びを内に秘めて、もどかしいような…甘酸っぱい記憶。

それぞれがそれぞれの道を進み、周囲と自分に温度差を感じながら時は過ぎ。

約束していたかのように再会し、確信に似た想いを互いに抱きながら未来へ走り出す二人。



言えばコテコテの物語なのかもしれないけれど、私はこういうの大好き!!
抵抗なく読み進めることができました。^^

「五年後の自分の可能性を舐めるなよ」
そう…五年前に今の自分は想像できないように、五年後の自分の可能性…それは無限大!!

青臭い言い方なのかもしれないけど、そうして生きているほうが私は楽しいと思う♪


感謝します、ありがとうございます。



posted by moya at 17:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック