お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2012年07月23日

かんばん方式と無駄(打ち切り

トヨタ自動車のかんばん技術でもある「かんばん方式」、ジャストインタイム。

効率をすべてに優先させて…その部品が必要なその時間ちょうどに入荷するようにして、在庫を無くしフットワーク軽く無駄を省きすべてを効率的に!…そうした技術。
技術というより、体制なのかな。

歯車がキレイに噛み合い、すべての歯車が整然と動きを・流れを伝えてゆく…。

うまく回っているうちはいいけれど、何かイレギュラーが発生した時の波紋の広がりは速く・広い、イレギュラーは基本的に許されない。


万事・余裕が必要などとは誰でも思うことだと思います、24時間365日・人間がずっと張り詰めていられるはずもない。

余裕が必要だというのなら、かんばん方式にはむりがある?



漠然とした違和感を感じ始めた折り、絡んだニューストピックが続けて目に入りました。

先ず、Yahooニュースで「なぜ効率ばかり追求すると利益が減るのか」という記事がありました。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20120715-00010000-president-nb

読んでいるメールマガジンでも、たまたま絡んだ話題であることが多くて。



効率?なんぼのもんじゃい!!
無駄?そんな了見の狭いことでどうする!!
…なんて江戸っ子ぽく思ってみたり…てやんでぃ!(笑



資本主義社会には一定の効用があったようでも、その最終局面と思われる今となっては違和感を与えてしまうのでしょう。

これも新陳代謝の一つであり、成長の一環なのでしょうか。

効率?利益?成長?…なんであれ、きっと私たちの誰一人として森が見えてはいないのでしょう。

達観している人でも、せいぜい林まで。

私なんて、森の中の一本の木の中・一本の枝にある一枚の葉っぱ・それをしげしげ眺め見つめています。
^^;



有用・無用、進化・退化、成長・退行、、、
無駄に思うようなことも、必要なこと、つまり必要な無駄。
無用は無駄だからと切り捨てれば、有用の中から新たな無用が作り出されます。
進化・成長していない…それは無駄?、そんな近視眼もないでしょう。
退化・退行していても、それを否定するのは暴論になるでしょう。

最後に話しを膨らませすぎました;
話しをまとめて一定の結論まで…至っていませんが。
ここでいったん打ち切らせてください。
^^;


感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 20:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック