お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2011年01月30日

S夫妻の自宅所得

S夫妻が家を建てたんだって。

…なんでなのかな…


決して裕福じゃない、つましい生活を共稼ぎの収入の中で二人の子供と送っている中、家を建てるなんて大栄断なのでしょう。


どうしてなのでしょう。

無碍に否定する由はないし、つもりもありませんが。



今のココで負債を負ってまで自宅を「所有」する。

決してそこで事業を始めようとするわけでなければ、自宅を担保にして何かを始めようというのでもない。



それは額面以上の意味になります。

想像以上の足枷になります。



もちろん…「そうして自宅・足場・土台がしっかりしていれば、仕事に全力で挑むことができる!」こともあるのでしょうけれど。

そんな仕事で得る報酬は微々たるもの、みすみすそれを社会・経済…そして金融機関に吸い取らせてしまうなんて。

それはゴールではなく、一つの通過点である選択肢に過ぎないんです、人生はまだまだ続きます。
(アセンションしちゃえばいいじゃん!…なんて視点はとりあえず置いといて^^;)



学会員であるS夫妻、学会ではそんな現代経済についての話しなんてないのでしょうね。

「信じる者は救われる!」的な。
^^;;



もったいないことです。

感謝します、ありがとうございます。






「ir大学 〜 夢を生きる、幸せなお金持ちへの旅」
posted by moya at 22:14| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック