お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2010年03月09日

スピ大レポート 2010/3/9

日本国内政治では、民主党の支持率低下がニュースになっています。
為すべきことが自明であれば、政党政治・民主主義な多数決など、戯言に過ぎない。
保守であれ革新であれ・右翼であれ左翼であれ、「古き善きものを守りつつ新しきものを構築し、よりよき社会へ」、そういう意味では…方法論が違うだけで求めるところは同じ。
その線引きは無意味な気がします。

共通するのは「現状は未完成であり、現在は発展途上である」と暗に(?)自覚していること。
そのわりに…罵り合う(ののしりあう)その姿…、何を創造しようというのか。




他でタイムリーに言うならば…トヨタ自動車のリコールだとか(単純に機械的不具合じゃなくて、資本主義的思惑との絡み?)、ギリシャ経済・EUに絡む不安だとか(或いは神の意思を自認するユダヤ資本の?)、オリンピックやアカデミー賞云々の優勝劣敗だとか…。

少し前に…「株損で500万の借金を苦にして妻と子二人、無理心中を図ろうとした男」、そんなトピックもありました。
500万で死のうとしないでよぉ;
そしたら私は何回死ななきゃならないんだろう…。wwww




「自由自在な在り方についての実験」平たく表現すればそうなるのでしょうか、しかし盲目的に過ぎるような…いえ、実験である以上盲目的に為す必要があるのか…。
あまりに拙いその様にやるせなさ・悲しみを感じつつ、自覚なく自由自在にしている姿に天国を感じ、また地獄も感じ。

情景と当事者の心象を慮って(おもんばかって)いる私がいます、それは観察者としての在りようなのでしょうか。
「当事者意識がないんじゃない?!」…そう言われたこともあります、自身の感情を棚上げしている私でした。ww

一つだけ、餓鬼のような振る舞い・人の意思というものを無視した行動…若い男性の性犯罪であるとか…、嫌悪感を持ちます。
苦痛と解っていながら…自分の了楽のために、人へ苦痛を与える行動。

それに比べて、生死にかかわる事件・事故にはあまり感情移入しません。
「死」というものよりも、「苦・怒」といった感情へフォーカスする私です。



ネガティブウィルスとしては…話しは繋がりませんが、ネガティブな未来を想像し・備えておこうとすることで、ネガティブな未来を引き寄せてしまうこと、その毛色があるかもしれません。^^;



感謝します、ありがとうございます。




posted by moya at 23:09| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック