お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2009年12月31日

日常風景・車を走らせていて思うこと

あまりに下卑たココ…なんて思っていながら前を走る車を見たら、ドアミラーを畳んだまま走っていたよ。

横はもちろん…後を気遣うことをしない、公言しているようなもの。

それだけ周囲に頓着無いんだろうね。





利他主義が最善なのかどうかは置いておくとしても、それはあまりに利己的に過ぎないじゃない?

周囲への気遣いができない、車の運転に慣れてもいない人が大きな車…クラウン・シーマ・BENZ-Sclass・BMW5・7…に乗っているのをみるとうんざりします。

きっちり寄せる・きっちり止まる、それが出来てないのを見るにつけ、自分に甘いんですねと思いを新たにします。





一旦停止をクルマが通るとき、10台いたら9台は停まりません。

停止線手前できっちり停まっているクルマなんて、100台のうち1台でしょう。

規範になるはずの(?)パトカーでさえ、見ていればいい加減です、運転免許試験なら不合格です。





そんなこと言ってても、制限速度超過は日常な私。
ですが停止線や安全確認・合図履行はきっちり行っています。

逆に…停止線や安全確認・合図履行はいい加減でも、制限速度はきっちり守っている人もいます。

その辺は各個人の価値観なのでしょうが。






そうして目に付くことといえば、憂う嘆くことばかり。

そのいちいちをブログに書く=明文化することもどんなものかと思うと、タイプする手も止まってしまいます。


個々人が自覚を持つ必要ないほどにまで繁栄・増長した現代社会。

人間の考える楽園を目指してきた、その結果と言っては皮肉になるでしょうか。







感謝します、ありがとうございます。
posted by moya at 08:54| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック