お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2009年04月04日

「最も大切なメッセージ」

またありました、通りがかりの教会で催されるであろう、次回日曜学校での説教テーマ。

普遍な・不変なモノを説くのだろうけど、不偏に大切なモノなんてあるのかな?





とりあえず経済的に言うのなら、やっぱり金(Gold)なのかな…。

多寡は変わっても、価値あるものとしての存在は有史以前から不変だよね。

近代のココ、日本では不動産だったけど、この先は果たして…。





あ、「メッセージ」か。「モノ」じゃないのね。^^;

…あなたは(神からも)愛されている存在です…、その辺かなぁ。

「今ココに、健やかに在る私という存在を認識できる」、愛されている証明を求めるならそれだけで充分でしょう。

(…証明を求めるというのも、なんかすっごい人間的な行動だよね…)






しかし…「大切」というのも、相対的な認識に過ぎない。

「大切」さを大仰に説く…、それが既に人間的だよね。
「大切」という認識が既に人間的だよね。

神(という存在があるとして)…その存在が、「大切」とそうでないものを区別する必要があるとは考えにくい。







そういう認識も、「私」と認識する主体があってのこと。

すばらしいですね。

感謝します、ありがとうございます。

posted by moya at 23:19| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック